FC2ブログ

アーツ・アンド・クラフツ

応仁の乱の時、京都の貴族たちは都落ちして日本の田舎に散り散りバラバラに疎開した。

その先々で、"粋"、"趣き"を提供することを生業にして彼らは生活したそうだ。
今日、日本文化と呼ばれるものが日本全国に広がったのはこの時だそうだ。

文化というものは人を魅了するし、逆に言えば文化の香りの無いもの、安い値段だけのもの素っ気無いものは人々を幻滅させる。
ネットでつながる時代、センスのあるものを生み出せれば、人は値段ではなく質を見てそれを選ぶし、日本のみならず世界中を相手に仕事ができる。

田舎で生活していて、センスを持って生きる(センスを生かして生きる)ということの大切さは過去10年で実感している。
喫茶店ひとつとっても、センスのあると無いで、人々から愛される度合いが段違いになる。また、「神は細部に宿る」というように、センスがあるものにはデリカシー(繊細さ)がある。

またセンスは磨かれるものであり、良いものに触れて目利きになることの重要性も日々実感している。

そういう目で見ると、岡山県は、若い人々が"質"を追求する活動をしている例を随所に見ることができる場所だ。

b01_20171201203457d61.jpg

b02_20171201203502c69.jpg

この門扉や外構を施工してくれたの、岡山でアーツアンドクラフツを実践している職人さんと、その若い弟子さんだったっけ。
今日はその弟子さんがベンチを作った天然酵母のパン屋「アンド ブレッド」までドライブに行ってきた。

b05_20171201220901138.jpg
「アンド ブレッド」さんのベンチを、ウチの門扉作りを手伝ってくれた若い職人Oさんが作ったそうです。

備前の農村部の民家の小さな店舗だが、周囲はパンの焼けるいい匂いが漂っていて、店舗内にはとても濃厚で上質な雰囲気が漂っていました。

b04_20171201203503d4c.jpg

b03_201712012035011b7.jpg

毎週通っている、ENTER WAKE キッチンも、食を通じたアーツアンドクラフツ運動だと思うし、質の高いものを安く提供してくれているのがとてもありがたい。和気の宝である昭和モダンな銀行の建物が時代がかわりこのようなお店に利用されているのが素晴らしい。

天然酵母のパン屋「アンド ブレッド」さんにしても、ENTER WAKE キッチンにしても、毎週通って(微小ながら)応援したい。



コメント

非公開コメント

No title

ベンチの足はアイアンなのでしょうか。
シンプルなデザインと、色の対比が何とも素敵デス^^
そして、応援したい気持ち。アルアルです。
やっぱりひたむきに良いもの・良いサービスを作ろうと努力している人の回りには、爽やかな空気が漂っていて、心地よいですものね^^

素敵な空間の美味しい心のこもったお料理。幸せですね^^

Re: No title

mimihaさん

ベンチはアイアンには見えませんでした(笑)
アイアンワークを一人でやるにはまだ
修行の日が浅いのかも?
でも天板は無垢の良い素材を使っていると思います。


>ひたむきに良いもの・良いサービスを
>作ろうと努力している人の回りには、
>爽やかな空気が漂っていて、
>心地よいですものね

より良くしようとしている人を見ると
パワーをもらいます。

人もインフラも老朽化した魅力の無い別荘地に
住んでいるので精神を病まない
ように若い人々の新鮮な活力に触れたいと
思いWAKE キッチンなどに積極的に
通うおうと思っています。