FC2ブログ

有酸素運動 と 砲艦ホットスパー

20171008006.jpg
左にちょこっと映ってるのはつる薔薇アイスバーグ。

いっつもベッドで戯れながら添い寝しているトイプードルのつっくんが9歳になった。
病気知らずの童顔の男の子だが、いつまでも若々しく長生きしてほしい。

大型犬はもう10歳と11歳。元気だが運動能力の低下が著しい。

今までは大型犬たちが元気でどこまでも散歩したがったので、
散歩=運動になったが、最近は、人間の方が運動的に欲求不満に。

自分は昔から歩くこと=健康管理だったので、歩く時間が減ることで
体重増や身体が固くなるだるくなるなど身体に不調が出てきた。
自分もそろそろ老年に向けて健康管理を考えないとヤバイ!!と思い始めた。

まず水分補給。水か柿茶をつねに飲んで代謝を良くしておく。

次に購入したのがスピンバイク。毎日10分でもいいから漕いで汗をかくようにしている。
汗をかくことを過去10年ぐらいほとんどしていなかったけど大事なのだ。
身体の体温も上がるし。

それでも不十分。なので、毎夕、犬の散歩の後、一人で速歩で歩きまくることにした。

10代の終わりごろから、強靭な脚力を持っていた英国系ゴールデンのルークと
ともに妙見山に通じる山道など箕面の山を駆けるように歩きまくった。
あの時の、歩くことそのものに楽しみを感じる感覚を思い出して、最近は楽しんで歩いている。

五木寛之の小説「風の王国」では、山道を駆けるように歩くことを修行にする集団が登場する。
サンカとも関りのあるセケンシという流浪の民にルーツを持つ人々だ。
主人公は、彼らを通じて歩くことに魅せられていく。
そんな小説に魅せられた事を思い出した。




それはそうと、まったく関係ない話だが、
趣味にしようと準備している帆船模型の話。

最近、大昔にグンゼ産業が発売した
「本格木製帆船模型 ホットスパー」というキットがある事を知った。

このキットは、「ザ・ロープ」という関東の老舗帆船模型同好会の
重鎮が設計したモデルなのだが、あのホーンブロワーの小説
「砲艦ホットスパー」に登場する架空のスループ船をモデルに
設計されたキットなのだ。

ホットスパー(「ザ・ロープ」の展覧会より)

ぜひ作りたい!と思ったら、偶然、すぐにこの希少なキットが手に入った。
1970年代のグンゼ産業の帆船模型、その上質さ高級感は、
すごいものがある。日本の文化の黄金期の製品である。

設計図が無いのだが、おそらくイタリアのコーレル社の
HMSユニコーンあたりと同じ作りになってると見ている。

デアゴスティーニのVictory→HMSユニコーン→HMSホットスパー

という順序で作ってゆこうか。ホットスパーを手掛けるのは何年も先の話になるが。

コメント

非公開コメント