FC2ブログ

妻の健康診断

数か月前から妻の片方の手首が痛くてモノが持ちにくくなったため、
病院に行き血液検査をして、可能性はかなり少ないがリュウマチの可能性もあるかも
と言われて心配していた。(お味噌汁を作ったりしていたのもそのせいだが・・・。)

結果は、まったく問題なし、さらに言えば、40代半ばという年齢からは考えられない
ぐらい良い数値で、輸血に喜ばれる血だとお医者さんに褒められたそうだ。

今度は自分が歯医者に行って、取れた詰め物を直してもらう番だ。

せっかくはじめた良い習慣なので、隔日でお味噌汁を作るのとオニギリ作りは続けている。
ただし、オヤツに牛乳にひたしたカステラ程度は食べているし、週に一回は
焼き肉屋(力)のランチに行って好きなだけハラミを食べる。

オリーブは、まだ黄色い葉の発生が止まらない。葉の色は前からだが全体的に薄くなっている。

注文しておいたネルソン時代の帆船小説のオーブリー&マチュリンシリーズ20巻と
トマスキッドのシリーズ7巻が届いたので当分、この本で楽しめそうだ。
帆船模型は、1/84のデアゴスティーニのヴィクトリーはやめて、
1/98のコーレルのヴィクトリーを作ろうかと思っている。コーレルのものの
方が、完成した時にインテリアとして見栄えが良いし、小さいのも飾る場所に困らなくて良い。

最近、75歳の母親に電話して都会の様子を聞いたが、
友達に聞いても誰も彼も「不動産を売って処分したい」という話ばかり
しているということと、年金暮らしで同世代でヒモジイ人が増えている
と言っていた。

これからの書籍のブームは、日本没落、日本沈没、急激に縮小する
市場規模でどう生き延びるか、どうやって老後をサバイバルするか、
そんな本が人気を呼ぶだろう。自分が別荘地で経験してきた事が
日本全体に波及する段階になってくると見ている。

人口問題は、「すでに起こってしまった未来」と呼ばれていて、
確実にそうなる、予測通りになる未来である。田舎(上郡町)では、
酒屋が取り壊された後に、立派な葬儀場が新しくできている。

あと、75歳になると周りはガンの人だらけだそうだ。母は元教師だし、
父も元私立の手厚い大学教員なので良い生活をしているほうだろう。
(年に一回実家に帰る程度だが、見た目が若い母がもう75歳と聞いて、
 ちょっとショックだった。)

コメント

非公開コメント