FC2ブログ

雨漏り根絶へ道半ば

一昨日の暴風雨はかなり激烈で、平地の台風を3倍ぐらい強くしたような
年に1、2度あるかないかの嵐だった。

コーキング箇所は雨漏りはピタリととまったが、大口径のティンバーの割れ目を通して流入してくる雨漏りはまだ止まっていなかった。というか、割れ目をふさいだブチルゴム系の片面テープが、これでもかという激風に飛ばされてしまっていた。

これが飛ばされなければ雨漏りは止まっていただろう。

飛ばされないように、接着剤をつけて協力にティンバーの割れ目をテープで塞ぐことにしよう。

建物全体のティンバーの割れ目のシーリング作業も今年から本格的に行っていきたい。

ログの割れ目を埋めるコーキング材としては、
Concealという米国製品がよさそうで、代理店もしくはebay経由で買えるようだ。
税関でひっかからないだろうか?イチかバチかで個人輸入してみようかな?

コメント

非公開コメント