FC2ブログ

天職に生き歳を重ねる人々

愛犬のバンビの手術を担当してくれたK先生は、自分が心から尊敬する人物だ。

田舎に移住してきてまもなくこの先生に巡り合ったが、
自宅から片道1時間半~2時間かかる道のりでも、
我が家の大型犬は必ずこの先生に診てもらってきた。

その後5年間ぐらいで日本全国でも屈指の名医として
知られるようになり、最近は予約がすごい状況になっている。

人間の医師も含めた腹腔鏡手術の神の手チャレンジのランキングでも
最上位をキープする、知識・技術共に優れた先生なのだ。

私がこの先生を尊敬する理由は、野球選手のイチローのように、
才能だけでなく、絶え間ない努力によって自分を叩き上げてきた人だからだ。

その技術力にふさわしいのは、VIP客専門の高額な受診料を取る
医師になることなのに、市井の身をおいて、普通の人々の飼い犬を
診てくれるところが何よりもありがたい。

備前の吉永の(人間の)病院にも、80台になっても医院長として
働いておられて、若い医師よりも薬の知識も豊富で頭脳明晰な
名医がおられるが、市井に身を置いて働くことを生きがいにする
人を見るのはとても励みになる。

若いころは、何もしないでブラブラと生きることに憧れもしたが、
今は逆に、狩りをせず檻の中で暮らす猛獣を見ると惨めに思える。

50になっても60になっても、70歳になっても80歳になっても、
生き生きと働き続けて、社会から必要とされる人間であり続ける
ことがどんなに幸福なことか、獣医さんや老名医を見ているとわかるし、
自分もそうなりたいと思う。