FC2ブログ


一定レベルを超えると加速度的に自然増殖するSNSフォロワー数

立花孝志氏のYoutubeのフォロワー数を数十人の時代からずっとウォッチしてきたが・・・
3~4万フォロワーの時に、一度、「保守アカウント狩り」で立花氏はアカウントを停止されている。

普通は「立花はもう終わりだ」と思うのだが、すぐさま別アカウントを作ってまたたくまにフォロワー数を回復。
逆に勢いがついて、そこから2倍、3倍、4倍へ一気に倍化した。

アカウントの知名度の指標でもあるフォロワー数というものは、ある時点でターボのように加速するのではないか?
一種の自然増殖の段階に入るのだ。




1年ほど放置している私のイラスト系SNSのフォロワー数は現在16600、妻の画像系SNSのフォロワーは現在2800フォロワーである。企業はCM費などを支払って、お金と引き換えに知名度を得るのだが、SNSを利用すれば個人が自分の創作物だけで自分を宣伝し知名度を高めることができる。これが出来る事が私たちの強みである。私には絵を描く才能が有り、妻には写真の才能とセンスがあり社交性がある。これが今後どのように増えてゆくのか楽しみに見守っている。

ある分野における知名度と言うものは、ある種の資産であり不労所得をもたらしてくれる源泉である。それは一定レベルを超えると自己増殖して行くようである。私たちが、何もない不毛の別荘地で12年間暮らしてゆくことができるのは、そうした原理を利用して、自分の才能と社会をリンクさせることをコツコツと続けているからに他ならない。

私の場合などは、作品をコピーして海外でばらまいている人々が、世界中の言語に勝手に翻訳して布教活動を行ってくれている。こうした行為が、日本が衰退するであろう将来において、海外からの収入を増やしてくれることを期待している。

コメント