FC2ブログ


レストアの心理学 2 ~ 完成像を夢見ない


武田邦彦教授は、目標を立てる時、夢を達成した状態にあるときの具体的なイメージを持たないと言っている。
それよりも、日々何をすべきかに集中するのだと言う。

これを聞いた時こんなことがあるのかなと思ったが、車のレストアをやっているとなるほどと思える。




レストアをやりながら、鉄則のような事をいくつか発見した。

①レストアベース車両はそのまま捨ててもいいぐらいの安価な値段で入手
②完成状態にするまでの費用も実に安価に実現できる計画に
③途中で断念しても損が出ないようにする
④外観・内装の再現からはじめ、機関は一番後でいい。
 外装と内装が整えば、機関はあとからついてくる。
⑤毎日1時間程度、生活に支障が無い範囲の短時間の作業を延々と続ける。




こうしたレストア作業において重要な心の持ち方がある。

・完成像を夢見ない
・今日はネジを1個外せたなどの過程を楽しむ 
・毎日少しづつでの進んでる感覚をつねに持つ
・一生、こうやって車と戯れているだけでも別に良いと思えるぐらいの境地に達する
・毎日作業を短時間に限定し、実生活に損を生じさせない事
 (空いた時間にちょっとイジってるだけなのに、気づいたらピカピカの夢の車が手に入ったという感覚を持てるように)




クルマのレストア作業は、素人が作業するのだからすぐに結果が出ない。
少しづつ、10年ぐらいかかることなどザラである。

10年はそれだけで一つの人生である。

最終結果である完成像ばかり夢見て心待ちにしていたら、10年間が苦行になり無になる。

そうではない、作業工程を楽しむのだ。

「ここはこうなっていたのか、なるほどこうしたら直せるな」
「今日はあのネジが外せてよかった」

など小さな喜びを日々積み重ねて、その一つ一つを楽しむ事。

それが出来なければたとえ1年間であっても結果の見えない作業など出来るものではない。

コメント