FC2ブログ


理不尽に因果は無い


以前、以下のような文章を書いた。

何の非も因果も無いのに突然巻き込まれるパターン
http://bessousaisei.blog.fc2.com/blog-entry-272.html

川崎の通り魔事件に思う事 ~ 地雷付き社会の到来
http://bessousaisei.blog.fc2.com/blog-entry-243.html




『どうして自分なのか?何の理由があるんだろう?』

 とくに日本社会はそうだが、こうした理不尽には、被害者にも原因があると無意識的に思っているところがある。被害者自身がそうやって長期間に渡って自分を責めさいなむこともある。いわゆる因果応報の考えだ。

 だが、因果応報などない。悪人でも安穏に長生きする奴はする。戦争など起これば、もっとも勇気と正義感がある人間が真っ先に死んで、無能な臆病者や裏切り者が最後まで生き延びる。

 理不尽に因果など無いのである。たとえば私の体験だが、ある初対面の人に以前親切にしたことはあったけど、その後、ウソや嫌がらせ含め長期間に渡る壮大な気持ちの悪いイヤガラセで返された。善意で対応しても理不尽が降りかかるのである。

 これが理不尽の恐ろしさなのだ。世の中にはイヤガラセでしか自己表現できないような不幸な人間がいっぱいいる。こちらは幸せに楽しく暮らしているだけなのに、相手から見たら幸せである事が「自分に喧嘩売ってる」と解釈されかねない。その結果、延々と嫌がらせが始まる。

 この事をうまく文章にした記事をライターが書いて下さった。

ホラーは「因果応報」よりも「理不尽」の方が怖い? “こわい話”を解剖する
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/15/news015.html

 理不尽の一番怖いところは、原因などまったくこちら側にはないのに、こちら側にも何らかの非があると、なんとなく周囲に思われてしまう事である。




 因果も無いのに人に理不尽を及ぼすなど最低のカスの所業。私がアホと呼んでる類の最低最悪のクズ人間がやること。
 だが世の中は不幸の沼地から自分の力で抜け出せないどうしようもないカスだらけ。
 彼らは生きながら、周囲に不幸をまきちらすだけの低級霊のような存在に堕ちてしまっている。

 こういうクズだらけの社会において、理不尽はそこかしこに転がっている。
 それらはある種の地雷である。

 どんな人間も一度は意図せずに地雷=理不尽を踏んでしまうのが人生である。

 たとえば前の記事書いた小野田寛郎氏は、戦争と言う巨大な理不尽のために、35年間もジャングルで過ごさなければならなくなった。理不尽な状況下でも小野田氏のようにたくましく生きなければならない。敵に媚びない。自己憐憫しない。

 そして、長い人生の中にはその理不尽に打ち勝つチャンスが必ず巡ってくると信じる事。理不尽に打ち勝つ日を喜ばしく迎えるために、今日一日を一生懸命働いて努力することが大事。

コメント