FC2ブログ


『毎日1個ニッチ的な新分野を発見する』を再開すべし 出発点につねに帰る

なにか一つの事でうまくいくと、それを単純にコピペして拡大するのがビジネスである。

ビジネスの出発点とは小学生が何を閃くのと同じぐらい何気ない事である。

いかに効率的にその単純な仕組みをコピペして拡大できるかで結果が大きく変わる。

ところが、コピペによる拡大がやや満足できる規模になると、そのコピペ作業をやめてしまうことが多々あり、そのままやめたままで現状維持すると、コピペ作業のやり方すら忘れてしまう事が多々ある。




3月から本格的に拡大してきた単純作業的な仕事だが・・・ほぼ自動運転のような状態になっている。
現状維持で十分回る状態になっている。ここ半月ほど『毎日1個ニッチ的な新分野を発見する』を行っていない。




過去の一発屋的ツボにはまった局面では、このままズルズルと初心に帰れず、徐々にパイを減らして最後には、なぜ一発屋的な状況が生まれたのかという出発点も忘れてしまいマンネリの中に埋没することが多かった。

出発点を忘れてしまうのならまだいいが、現状維持すら忘れてしまい、ほぼ不労所得のようになった状況すら平気で捨ててしまったりする。

不思議な事だが、人間は自分が発見したものの有難みを忘れてしまうのである。多くの成功者はこの出発点を忘れなかった人間だとも言える。大会社の社長が、誰よりも早く出社して、玄関先を掃除するなどするのはこの出発点を忘れないための儀式的な行為と言えるだろう。

今回はそうしない。

『毎日1個ニッチ的な新分野を発見する』をそろそろ再開しよう。




思えば『毎日1個ニッチ的な新分野を発見する』は、何らよって立つものが無い状態で自分の才能だけを頼りに15年間生活してきた私にとって、生涯に渡って生きる事を保証してくれる鉄壁の生活保障のようなものである。

毎日1時間程度を使ってこれさえ続けておけば、定期的に大きなチャンスに巡り合うため生活に困る事はほぼないだろう。

ゆえにどんなに忙しい日々になっても必ず継続しなければならない事なのだ。

これに加えて、毎日1枚の絵が描ければなお良いだろう。この2つの作業が継続できれば、自分に与えられた2つの才能をつねに磨き続けることができる。

コメント

非公開コメント