FC2ブログ


住環境の問題を『仕事』で克服する

ご近所問題等の住環境に問題を抱えている人は、家で気分よく楽しく暮らしているだけでも一歩外に出るたびに不快な気分になったりする。とりわけ閉鎖的な日本社会においてはそのような問題を抱えている人は多いだろう。



サラリーマンは、会社に出社すれば良いので、あまりそうした問題からは悪影響は受けないだろうが、自宅で仕事する人や主婦はそうした問題から悪影響を受ける。




私自身は急速にスラム化しつつあるレベルの低い別荘地でここ12年ほど暮らして(スラム化の悪影響を受けだしたのはここ4年ほど)、住環境の問題を自分にとってプラスに変える方法を思いついて実践している。

私が『単純作業』と呼んでいる分野の仕事だが、住環境に満足していた時代にはほとんどやらなかった仕事だが、4年ほど前から本格的に始め、今はほとんどそれだけで生活が成り立つぐらい安定したものになった。そして、その仕事に日々アイデアを注ぎ込む事でもっと大きな夢も見れるようになった。

その仕事自体はゲームのようなもので、ほとんど楽しみだけでやっていると言ってもいい。




毎日の生活で、何か自分にとって(精神的に)マイナスの影響を及ぼすものがあるなら、自分にとって毎日プラスをもたらす何かを始めてみるべきだ。

そしてそれは、自分にとって明確な利益になるものが良い。

「毎日、何かで得をしている」「今日はラッキーだった」と思えるような状況を自分で作りだすのだ。




そうした事を着実に実行し、成果を積み上げていくと、自分に関係の無いところでマイナスの事が起こったけれど、自分の領分内の事は4年前よりも着実に良くなっていると思えるから不思議だ。

自分の人生を鳥瞰視して「40代前半の一時期にマイナスの事が起こったが・・・・それによって自分の生活の中に一生涯糧をもたらす『金脈』を発見できた」というサクセスストーリーを描くことが今では明確にできる。




実際に世の中の多くの成功者は、このように環境のマイナス面をビジネスでプラスにした人々である。

人は環境がマイナスの影響を及ぼすような、明確な生活上の"危機"が現出しない限り、自らの能力に気づかないものである。"危機"こそがアイデアの源泉である。

デール・カーネギーはこの事をこう表現している。



「人生がしょっぱいレモンを与えたら、それを使って甘いレモネードを作りなさい」

"危機"はビジネスを膨らませるための種のようなものなのだ。




今ではこの環境で自分をどこまで伸ばせるか試行錯誤する日々が楽しくてたまらない。
またこの4年間を通じて自分が以前よりも強くなったと感じる。

逃げずに克服する事で、開ける世界もある。

コメント

非公開コメント