FC2ブログ


『住宅コスト』の元を取る方法

「元が取れる暮らし方」に対するニーズのつづき

資産価値に対するリテラシーのあるコミュニティとそうでないコミュニティ

アベノミクス以降、世の中は『住』についても"資産価値"に重点をおく人は増えている。"資産価値"に重点を置くとはすなわち、最初に投下した資金の元を取ると言う事に他ならない。

マトモなマンションなどは住民が相互に資産価値を高める事を共通の価値観にしているし、賢明なオーナーによって再生された別荘地なども「資産価値の向上」を目標に管理運営を行っている。こうした場所は、10年20年暮らしても快適だし、資産価値も落ちないので実質的に家賃ゼロで住める。

一方で、私が住む別荘地のような場所や、自暴自棄的な事がまかりとおる民度の低いコミュニティにおいては『資産価値』などという概念が存在せず、荒らし放題・荒れ放題の資産価値マイナスのハチャメチャな場所になる事が運命づけられている。

大都市近郊の千里ニュータウンにある実家に帰るたびに思うが、ここ10年ほどで急速に格差が開いているなと感じる。千里ニュータウンのような綺麗な場所はますます綺麗になる。



賢明な人はタダで住み、そうでない人はコストを払う

 少子高齢化で、日本全国の不動産価値が平均的に上昇することがほぼ絶望的になった状況下で、20年30年後も不動産価値を保てる物件などごくわずかである。だが、確実にそうした物件は存在する。そうした物件は、資産価値に対するリテラシーの高い人々に探索され購入されるだろう。

 結果的に元が取れて『住』にコストを払わなくても良い人と、様々な形でコストを払わされる人々の差は大きい。

 たとえば、4000万円の価値が落ちない不動産を所有していれば、その不動産に住みながら老後資金として銀行から4000万を借りて死ぬまで返さなくてもいいと言う事が可能(リバースモーゲージ)だが、こうした形の世渡り術は欧米の中流層では一般的だが、日本でも増えてきている。今後、政府の新政策下でさらに盛んになってゆくだろう。

 賢い人々はますます賢く生き、そうでない人々は死ぬまで『住』にコストを払い続け苦労し続ける世の中なのだ。



『住宅コスト』の元を取れない人に出来る事は何か?

 不幸にも別荘地に物件を買った事が資産面では多かれ少なかれ悪影響を及ぼす事が明白になった時、最初はそのことに憤慨したが、「ではどうすれば状況をマシなものにできるのか?」を考えすぐさま実行した。

 そして、治安対策と妻のショップの運営を考えて外構工事をしたし、以前よりも夫婦で協力するようになった。より大きいことは本業以外にミニビジネスを生み出す事を楽しみにし、日課にするようにもなった事だ。これにより収入源が多様化した。

 稼ぐという姿勢を以前よりも明確に持って生活する限り、住宅コストなどさして大きなコストではない。そして、結果的に「この山荘を購入して少しの苦労は経験したけど元を取った」と今は自信を持って言えるようになった。

 以前と変わらず山荘で自由気ままに暮らしているだけだが、頭の片隅に『どんな形であれ元を取ってやろう』と思い続け実行し続ける事が出来れば、結果が大きく異なってくる。



『住宅コスト』の元を取ることが出来ない人の第三の道

結論:不幸にも『住宅コスト』の元を取る事ができなかった人にも第三の道がある。

・自分の状況をより良くするために何ができるか考え実行する
・失敗をその後の人生に教訓として生かして、二度と腐食性の高い『腐れ負動産』に手を出さない事を肝に銘じる

この事が実行出来れば、住宅コストなどさしたるコストではない。
賃貸などでも「稼ぐ」という目線で場所を考えて借りれば、その場所に住むことによる副収入が発生し、家賃は実質タダになる。

元を取るには、「元を取ってやろう」という意識を持つ事が何よりも重要である。

コメント