FC2ブログ

映画「ウォーロード/男たちの誓い」 ~ 人類は虚構を作り出す事で・・・

最近聞いた話で興味深かった事。

人類=ホモサピエンスはアフリカで生まれ、全世界に分布した。人類は、臭いに敏感で、自分たちと違う臭いのするヒト属(ネアンデルタール人など)を嫌ったとそうだ。ゆえに、ホモサピエンスに侵略された土地では、別種のヒトとことごとく対立。ネアンデルタール人のような、時にホモサピエンスよりも勇敢で聡明なヒト属を絶滅に追いやって行った。

ホモサピエンスは頭脳が大きい事で、他のヒト属と違い「虚構」を作り出す事が出来たと言う。「虚構」とは、宗教やプロパガンダとでも呼ぶべきものだ。

「虚構」によって、人は、類人猿やネアンデルタール人が作る群れ(100頭程度が限界)よりもはるかに大きな群れを作る事が出来たと言う。




映画「ウォーロード/男たちの誓い」を見た。ウォーロード=軍閥の意味。映画の原題は「投名状」。投名状とは義兄弟の契りの事。

19世紀半ばの中国における太平天国の乱を背景に、「山軍」という貧しい農民を中心とした兵士で成り立つ軍閥を率いた3人の義兄弟の物語。

義兄弟の契りや任侠道、仁義といった「虚構」こそが、三国時代を生きた英傑たちの時代から変わらずに、乱世に覇をとなえる男にとって不可欠な手段だった。「虚構」が「虚構」を生み、山賊100人の義兄弟の契りからはじまった「山軍」はやがて何万人の規模に拡大し、3人の義兄弟は英雄となり天下を動かすような存在になる。

第二次世界大戦と同じ規模の死者・餓死者を出したというこの内乱の規模の大きさに最初から最後まで圧倒され、またあらためて、日本の歴史とは比べ物にならないほどスケールがデカい近代中国史に興味惹かれた。

コメント

非公開コメント