FC2ブログ

シーズン・イン・ザ・サン


近状・・・

愛犬の療養のためにバタバタした日々が続いていたが、ふと一息つけるようにここ数日なった。突発的な出来事が起こると、何気ない日常がいかに幸福だったがわかるが、まあ不安があってもそういう時こそ小さな幸せに喜んだり笑ったりできるので、犬を大切に飼ってきて本当に良かったと思う。

犬たちは老犬の領域に入っているので、これからはなにがしか問題があり、その時々で介護してやらなければならない日常になるだろう。だからといって絶望せず、その日彼らが楽に過ごせればそれでよい。遠い将来を見なくてもいい。その時々で嘆いたり泣いたり喜んだりするだろうが、その瞬間瞬間を日常と思って、苦しい事ばかりせずそれなりに楽しんで大切に生きてゆきたい。

今の環境をベストに生きる 梶原一騎「地獄からの生還」

犬ばかりではなく、人間もそうである。私も妻も親も昔よりも10年老いている。これからは、自分や家族の身体になにがしかの不具合があることが日常となってゆくだろう。自分が出来る範囲で、これまでよりも時間をもっと割いて大切な妻や親の事を助けなければならない。その逆もあるだろう。身体が老いてゆくからといって、お先真っ暗になるのではなく、もっと短いスパンで将来を考えて、今日・明日元気ならそれでよいと、日常生活のちょっとしたことに喜びを見出す生活をしてゆけば良いのだ。

「僕らは喜び、楽しんだ、太陽の季節を・・・・だけど夏の峠は越してしまった」
「今、秋の気配が空気に漂う」  ~ テリー・ジャックス『シーズン・イン・ザ・サン』




秋には秋の喜びがある。ほどほどに楽しめればいい。全てを望まない事だ。




ヤクザ漫画

毎日、ヤクザ漫画を読むのが楽しい。
「代紋TAKE2」全62巻、最高に楽しめた。
現在は「白竜」と「ドンケツ」を読んでいるが、これも負けずに面白い。






スラム化

玄関を一歩出るとスラム化別荘地の雰囲気の悪さはあいかわらだ。耳栓をして外部の情報がなるだけ入らないようにして暮らす事で悪影響を最小限に出来る。そう思って、3Mの強力な耳栓をポチった。

しかし、耳栓が必要な別荘地というのもなかなか笑える(汗) 壁厚があって遮音性の高い建物に住んでいて本当に良かった。家が私たちを守ってくれている。 in 播磨自然高原

コメント

非公開コメント