FC2ブログ

創造的な人間は邪悪になる


スタンリーキューブリックの映画「2001年宇宙の旅」の冒頭で、サルがあるとき骨をこん棒として使う事を覚え、それを空に投げると人口衛星に変わるというシーンがある。

本能で生きていた生物が、創造性を得た瞬間を描いた象徴的なシーンである。

一方、古代ギリシャの神話にはプロメテウスという神が登場する。ゼウスは、人間が争い合う事を危惧して、人間に火を与える事を禁じたが、プロメテウスは自然の猛威になすすべもない人類を哀れんで人間に火を与える。そうして人間は戦争に明け暮れるようになる。




リドリースコットは、SF映画の古典である映画「2001年宇宙の旅」をその感性と知性で咀嚼し、映画「プロメテウス」・「エイリアン・コヴェナント」という傑作映画を生み出した。

x001.jpg
死の島 (ベックリン) ※「エイリアン・コヴェナント」に、この絵画にそっくりの霊廟が登場。

この映画は、上質のエンターテイメントであると同時に、哲学的な意味でも「人類の起源/進化」や「ロボットの反乱」に対する整合性のとれた独自の解釈を示す知的にも楽しめる映画なのだ。




この2本の続き物の映画の中で、もっとも印象に残ったのは、「創造的であること」に対してリミッターが無いロボットが、どんどんと創造性を発揮して、人間を裏切り、人間やエイリアンのDNAをいじくってより完璧な生物を生み出し、また時には一個の文明を破壊することに詩人バイロンやワーグナーの芸術が持つロマン主義的な高揚を感じて感動に浸ったりする事だ。

「創造的なロボットは邪悪になる。」・・・・創造的な人間もまた邪悪になる。




世界中に残る神話にはトリックスターという概念がある。トリックスターはいたずら好きで、秩序や道徳など無視して好き放題に生きる。その結果、タブーを侵して歴史を変えるほどの変革を社会にもたすのである。

古代ギリシャ神話のプロメテウスはトリックスターの典型と言われている。

日本社会が他の先進国に比べて恐ろしく自己変革力が無いのは、このトリックスターのような存在がいないからだろう。
トリックスターのいない世界は変化しない。変化の無いかわり平和がある。外から見ればそれは奴隷の平和かもしれないが、それでも平和が良いと日本人は思う。

欧米では、創造的な人間は邪悪をいかんなく発揮し、企業活動などもドラスティックに変わり、負け組は瞬時に大量殺戮され淘汰されてゆく。創造的な人間たちによって火を与えられた人間たちは、火を使って旧世界を破壊することを恐れない。

コメント

非公開コメント