FC2ブログ

これからますます悪くなる


母親があいからわず月1回ペースで遊びに来るので、愛犬のバンビを同乗させて、最近は赤穂のミオテンプリーナでランチし、犬の散歩、そして軽くドライブしてカフェしてブラブラしながら母親とあれこれ話している。

この一か月は、母が住む大阪北部で大地震、私が住む中国地方山間部では大水害と天変地異に関西~中国地方が見舞われている。

母の友人などは大阪のマンション住まいの人が多いが、今回の強烈な大阪地震でマンションがヒビだらけになり、家の中もムチャクチャになって、「売る予定だったのに、地震が来る前に売っておけばよかった」と嘆いている人が多いらしい。また四国・中国地方の田舎に立派な家を建てている人々は悲惨な目に合っている人が多い。私の別荘地も近年はゴタゴタ続きで呆れ果てるような状態。

「その点、賃貸はこういう時にリスクが格段に小さいからいいよね」と話している。日本の国土はヨーロッパなどに比べて、天災がすさまじく多い。こんな国の住民が持ち家に拘るから、一寸先は闇である。

私自身も母のように老齢になっていくこれからは住む場所も暮らし方も戦略的に考えないとえらい目にあうと思う。

私も昔は2軒別荘を持っていたが、一つでも手放しておいて本当によかった。毎年何回か遊びに行く牛窓のペンションのドッグランは斜面が崩落して使用できなくなったそうだ。斜面だらけの山の別荘地も、大雨などで基礎周囲の地盤が緩んで今後は別荘そのものが崩落するケースが増えてゆくのではないか?(谷に落ちた別荘を一軒知っているが)




母に「うちの別荘地は、理事(自主管理のため住民の代表)をやりながら自分の別荘を売り出して、別荘が売れてもまだ理事をやっている人がいるそうだよ。その人は、それを指摘されて『利用価値の無い土地』を購入したけど入会金も登記費用も管理事務所持ちだったんだって」と言うと、「それってどういう事?」と目が点になって唖然としていた。衰退した別荘地では驚く事ばかり。(播磨自然高原)

中国地方の天災も、高齢化で山や河、野池の整備がされない → 流木が増える → 橋の欄干に木がはさまって洪水。という高齢化・人口減少の弊害が出ている。高齢者が支えてきた農業ももう先が見えており、これからは野菜や肉も国産品は値上りの一途だろう。これからはますます暮らしにくくなる。

これからますます悪くなる衰退社会において、トラブルに巻き込まれずより良く暮らせるように戦略的に考えて暮らしてゆかなければならない。

コメント

非公開コメント