植田統「45歳から5億円を稼ぐ勉強法」

自分にピッタリの本を見つけた植田統「45歳から5億円を稼ぐ勉強法」。
(この5億円という部分は、あくまで本を売るためのセールストークだと思うので無視した方が良い。)



この本の要点は、45歳から男は仕事上でターニングポイントを迎える。ここで仕事人としての立ち位置をリセットして、一から勉強しなおして、45歳~70歳の25年間、現役でバリバリ稼げるような仕事のスタイルを確立せよという内容。

最初、東大法学部の筆者の本なので参考にならないと思った。東大卒という時点である種の天才なので、試験秀才の唱える勉強法など、わたしのように試験大嫌いな人間には普通は参考にならない。でも、この人は大学の教授を兼任しているだけあって、どんな人間にもその力量・度量にあわせて応用可能な形で方法を説いており、この「5億」という部分も自分に見合った金額に置き換えればよいように読むことができる。

自分の場合、どの分野で今後25年間食ってゆくか?という部分はもう決めているので、この本の勉強のノウハウを取り入れて、日々時間を作りその分野により精通し仕事に取り組んでゆこうと思っている。「働きながら学ぶ」という点が重要。

20代前半、大阪の上新庄の家賃2万5000円の安ワンルームに住んで、ある職業を1年半、根をつめて勉強して目指した。バイトをしながら、毎日毎日取り組んで、1年半で収入6万円にしかならずにその職業を諦めた。それが、30代半ばになって再びやってみると、10年のブランクにもかかわらずそれで食えるようになっていた。20代に憧れた職業をやれている、それだけで幸せだ。でもまだ経験は浅いので学ぶことはたくさんある。日々働くことを通じてその分野を深め学ぶのだ。

無駄な趣味をそぎ落とし、仕事を唯一の趣味にして45歳からの第二の人生を生きてゆきたい。




話は変わるが、仕事中に聞いていた以下のYOUTUBEの動画。



「いまいくら持っているかではなく、なにで稼いで食っていくか」を考えられる人じゃないと、お金(が減ってゆく不安)に取り殺されるとの内容の発言が後半部に出てきて、自分もそう思うと思った。人生90年と見るならば、70歳どころか80歳手前までは働けるように今から計画を練っておこうと思っている。

コメント

非公開コメント