FC2ブログ

映画「狩人の夜」 The Night of the Hunter


リーニング、リーニング、リーニング オン ジ エバーラスティング アームズ ~♪ (頼れよ 頼れ 永遠に朽ちる事の無い腕に頼れ♪)



アメリカ南部の黒人霊歌として歌われた讃美歌がこの映画のメインソングである。主人公のサイコパスの殺人鬼(演:ロバート・ミッチャム)はこの歌を歌いながら、幼い兄妹を追いかけてくる。

自分が今まで見た映画の中でベスト1を挙げよと言われれば、今は迷いなくチャールズロートンの「狩人の夜」と答えるだろう。それに、溝口健二の「雨月物語」と黒澤明の「蜘蛛巣城」、五社英雄「鬼龍院花子の生涯」、1967年度版「遥か群衆を離れて」、ロジェ・バディム「悪徳の栄え」などが続くだろう。

かつては猟場だった丘陵地のニュータウンで育った私と姉は、子供の時よく、犬を連れて近くの大病院の向かいの芝生のこんもりとした小さな丘に座って、遠くの大阪の街の夜の景色を眺めるのが好きだった。ゴーという街の音が遠くから響いてきた。わたしたちはここちよい夜風に吹かれ、街灯と月の光に照らされていた。

映画「狩人の夜」 に魅せられるのは、そうした子供時代に見た世界観がそこにあるからだろう。この映画はサスペンス映画だが、子供の目を通して世界で描いており、それが独特の世界を作り出している。



物語は子供目線と、寓話的な子守歌をBGMにして美しい白黒の映像によって進む。

映画「怒りの葡萄」や「ボニーとクライド」や「北国の帝王」などと同じく、大恐慌時代が舞台。大恐慌時代に、アメリカ中西部の子供たちが、貧困の嵐の中、親とはぐれて難民化したことを背景にしている。

カエルや野ウサギに見守られながら川を下って逃げる兄妹、たどりついた岸辺の家の中から優しい母親の子守歌が聞こえ、ポーチにつられた鳥小屋が影絵のように子供たちの目に映る。子守歌に母親の温もりを思い出した妹が「わたしたち家に帰ってきたの?」と聞く(他人の家なのだが・・・)。

その時に流れる子守歌「ハッシュ マイ リトル・ワン ハッシュ」という曲が、この映画の中で一番好きな曲である。



人を子供時代の感受性に連れ帰ってくれる魔法のような映画。

コメント

非公開コメント