FC2ブログ

どこでも生活していける方法

20代前半の頃に読んだグルジェフの「注目すべき人々の出会い」の中で、今でも読み返すエピソードがある。

「古代の叡智」を探すために中央アジアを放浪したグルジェフとポゴシャンは、旅行の資金を稼ぐために、マーケットで商売を始める。何も拠って立つものが無い土地で、2人がどうやって糧を得るのか?無から有を作り出すのか?






この辺鄙な田舎に移住して11年・・・

本当に魅力も含め何も無い場所で、いろんな葛藤を抱きながら、犬たちを飼育するのには最適と思い生活してきたが、犬たちに最高の環境を与える事以外は何も得なかったと最近まで思っていた。

でも、夫婦ともども、この場所から何も得なかったわけではないと最近思えてきた。




思い返せば、10年前の私は、都会にいたころにやっていた仕事でいつまで食えるか不安で一杯だった。当時、将来を模索して購入した本の中には「イチジクの育て方」という農業関連本まである。また、妻は、いくつかの大企業で、営業マンとしてずば抜けた成績を残し、ヘッドハンティングされるほどのキャリアを築いていたが、ネットしかない場所で食べていく方法については完全に無知だった。

しかし、過去6年間ほどで、この何も無い、何も育たたない場所に根を張って、2人とも、「どこでも仕事を作り出し、生活していける方法」を自分なりに身に付けたと思っている。

そうした仕事の方法は、この場所に何も期待できるものが無かったからこそ、見いだせたものかもしれない。

こんな将来性の無い別荘地にずいぶん立派な新古品の山荘を高値で買ってしまったものだが、そこで単に悠々自適に暮らしながら片手間のように仕事しながら日々着実に得ている糧を見ると、誰よりも、この場所から"元を取っている"かもしれない。重要なのは、私も妻もそれぞれの仕事を「義務」や「重荷」とは認識しておらず、「何よりも楽しい遊び=趣味」として認識してることだ。

私たちが得た仕事の技術は、今現在の私たちの生活を支えるだけではなく、今後どこで生活しようと、世間で定年と言われる年齢を過ぎようと、死ぬまでずっと私たちの生活を支え続ける資産となるのだ。

そう考えると、不毛の辺境の地で「自由」を発見したともいえる。その「自由」は、魔法の絨毯のように生きている限りどこへでも持って行って、そこで展開できるのだ。たとえ異国の地でも。




ふと思い出したが、最初に正社員として雇われた会社(従業員数名の大阪の零細 IT 会社)で、入社直後に「なんでもいいから、事業のアイデアを考えて提出しなさい」と課題を出されたことを思い出す。当時はインターネット黎明期だったが、27歳のわたしはネットを活用した、極めて単純な商売のアイデアを出した。

その時、そのアイデアは一笑にふされた。今思い返せば、その時点で会社をやめて、そのアイデアどおりの商売をやっていても、サラリーマンをやるよりもはるかに簡単に収入を得れただろう、今も食えているだろうなと思う。そのビジネスモデルに世間で名前がつくのはそれから5年以上経ってからだ。

小銭を稼ぎ出すような小さなビジネスを考えるのは簡単である。それを信じて掘り下げれば、しばしば採算の合う規模の金脈に達するのだが、そこまでの確信を持てなければ、有効なアイデアでも放置されてしまう。

ビジネスとは単純で薄っぺらいモノであり、なんら複雑なものでは無い。単純で薄っぺらい事に他人よりも真剣に取り組んで、着実に実行できるかどうかだ。真剣に取り組み実行して行けば、時代が変わっても、その時代なりの花が咲く。

ピンチはチャンス

起きている時間の半分を犬の介護に充てている日々が続く。

「普通の家庭なら生活崩壊(家計崩壊)だね」

と笑い合っているが、私も妻もこんな中でも互いの仕事は割とも普通に続けられている。

ただでさえ、都会との接点がネットが繋がるだけしかない不便な田舎(しかもトラブル続きのレベルの低い自称別荘地)で暮らしているのだが、こうした不便な環境に適応して暮らした結果、仕事は少々の環境変化には左右されない体制になっている。良い事だ。

通っている動物病院の尊敬する先生も、医師3人体制だったのが、2名のお医者さんが病気で休んだり辞めたりしてピンチ。
それでも、ブログに「ピンチはチャンス」と書かれていた。私たちなどよりもはるかに重いモノを一人で担いでおられるのだが、こうした局面が来るたびに、「これはチャンスなのだ」と切り替えができたからこそ、今のような日本のみならず世界有数の医師になられているのだろう。

「ピンチはチャンス」は本当で、平凡な日々を送っているよりも、突発的な事態に追われるせわしない日々のなかで、コマ切れ時間を使って仕事のアイデアを練っている時の方が多くのブレークスルーが起こり、仕事の展望がどんどんと開けている感じがしている。

愛犬の症状など不安がある日々の中でも、そうした状況でもそれなりに楽しんで生き生きと暮らそうと気持ちを切り替えると、不思議とこの世界はチャンスに満ちているように見えてくる。(発想のブレークスルーが次々に起きる。)

シンプルに

「シンプル」

昔、正社員として働いたことがある会社が2社あったが、そのうち一社がこんな名前だったっけ。
中小零細企業なのに、アヘン戦争の時代にアジアに進出した英国の某財閥の出資を受けていた過去がある不思議な経歴の会社だった。

今思えば、「複雑に見えるものをシンプルにしてゆく事」こそが、創業者が追い求めた理念だったのだろうな。




相変わらず、愛犬クララの療養生活で不安定な日々だが、シンプルな仕事にのみ取り組んでいるので、割と普通に仕事を続けられている。

「シンプルな仕事を増やしてゆこう」「何事もシンプルに考えて、難しく考えないでおこう」という意識で取り組むと、過去の成功体験などを思い出して、仕事が楽しくてたまらない。

そう、自分の仕事上の第一期黄金期とも言える30代初頭の頃にやっていた仕事はとてもシンプルな仕事だった。
仕事を複雑にして、高度な内容のモノにしてゆくと、労働時間が増えて仕事をやっている感が高まるが、結果という観点から見えると、誰にでもできるようなシンプルな仕事の方が案外結果につながっている。




愛犬の事についてもシンプルに考えている。
愛犬の病気のために出来る事は何でもやるし、現にやっているが、自分の手に負えない事はハリネズミ先生にまかせる。
だから、少しでも不安を感じたらすぐに病院に連れてゆく。

このシンプルな思考でゆこう。

愛犬の病気のような不安要素をかかえつつも、毎日しっかりと暮らしてゆかなければならない。

とくにこうした日々こそ、家の中の掃除などは疎かにしてはならないと思い、毎日1時間は掃除に充てて、チリ一つ無いような部屋を目指して、雑巾や掃除機をかけて、ゴミをまとめて捨てに行っている。

こうしたなにかしらの不安がある日々が当たり前なのだ。
どんなトラブルに遭遇しても、いつ何時も、前に進んでゆけるようにシンプルに、シンプルに・・・。

映画「ウォーロード/男たちの誓い」 ~ 人類は虚構を作り出す事で・・・

最近聞いた話で興味深かった事。

人類=ホモサピエンスはアフリカで生まれ、全世界に分布した。人類は、臭いに敏感で、自分たちと違う臭いのするヒト属(ネアンデルタール人など)を嫌ったとそうだ。ゆえに、ホモサピエンスに侵略された土地では、別種のヒトとことごとく対立。ネアンデルタール人のような、時にホモサピエンスよりも勇敢で聡明なヒト属を絶滅に追いやって行った。

ホモサピエンスは頭脳が大きい事で、他のヒト属と違い「虚構」を作り出す事が出来たと言う。「虚構」とは、宗教やプロパガンダとでも呼ぶべきものだ。

「虚構」によって、人は、類人猿やネアンデルタール人が作る群れ(100頭程度が限界)よりもはるかに大きな群れを作る事が出来たと言う。




映画「ウォーロード/男たちの誓い」を見た。ウォーロード=軍閥の意味。映画の原題は「投名状」。投名状とは義兄弟の契りの事。

19世紀半ばの中国における太平天国の乱を背景に、「山軍」という貧しい農民を中心とした兵士で成り立つ軍閥を率いた3人の義兄弟の物語。

義兄弟の契りや任侠道、仁義といった「虚構」こそが、三国時代を生きた英傑たちの時代から変わらずに、乱世に覇をとなえる男にとって不可欠な手段だった。「虚構」が「虚構」を生み、山賊100人の義兄弟の契りからはじまった「山軍」はやがて何万人の規模に拡大し、3人の義兄弟は英雄となり天下を動かすような存在になる。

第二次世界大戦と同じ規模の死者・餓死者を出したというこの内乱の規模の大きさに最初から最後まで圧倒され、またあらためて、日本の歴史とは比べ物にならないほどスケールがデカい近代中国史に興味惹かれた。