極寒の世界


他に客がおらず貸し切り状態に使えるというので、犬たちと、
瀬戸内海に面した牛窓のドッグラン付きのペンションに一泊してきた。

帰ってくると、リビングは冷え切っており、灯油も切らしていて、
家が温まるまでの時間寒い思いをした。

あまりに寒いと薪作りに床下に降りる気が失せてしまう。

昨夜は早めに寝て、今朝は早めに起きて庭で犬たちと雪遊びをした。

c5.jpg

c7.jpg

c8.jpg

c6.jpg

c4.jpg

c3.jpg

凍てついた庭を見ていると、ワーグナーが聞きたくなって、
パソコンで仕事しながら、タンホイザーの巡礼者の合唱などを聞いている。
そういえば、好きだったワーグナーもずいぶん長い間聞いていなかったな。

ワーグナーを聞くと、原始的な闘争心を呼び覚まされ、
意志の力の偉大さと、人間の創造力の無限を感じる。

ヴァルプルギスの夜に

凍てついたシベリアの樹海での野営。焚火の赤い炎が雪が張り付いた周囲の木々を奇怪に照らしている。まるで魔女の集会のようである。アルセーニエフはその光景を見て、ヴァルプルギスの夜のようだと思う。その時、森の中から獣の足音が聞こえる。熊か?森の中から現れた影が焚火の場所に来る。その影の正体はデルスという名のシベリアの原生林に生きる猟師だった。

黒澤明の映画「デルス・ウザーラ」の冒頭のシーンだ。

さきほど、犬のトイレをさせに外に出てみたところ、門柱灯に照らされた静寂の世界がヴァルプルギスの夜の様相を呈していた。

wal03.jpg

wal01.jpg

wal04.jpg

wal06.jpg

wal07.jpg

この雪に閉ざされた美しい自然の中で犬たちと暮らしている今日という日を記憶に留めよう。
いつの日か、かけがえのない思い出となるだろう。

依然として正月モード


今年は毎日夜には薪ストーブを焚いている。
ドブレ700SL、設置10年超えて、ようやく日常使用。

B02_20170112222002528.jpg

夜だけなので、基本的に間伐して貯めておいたものを焚いているだけ。それでもとても暖かくなる。

とく我が家の場合、別荘仕様のため30帖弱のグレートルームの吹き抜けが6メートルはある。この広大な空間をまんべんなく温めるには灯油ストーブでも役不足で、薪ストーブが大活躍。夜温めておけば、昼間は、南に面した窓からの陽光でなんとかやり過ごせる。薪ストーブを焚く前はあまりに寒い年はグレートルームにテントを張って生活していたこともある。

B04_20170112221958664.jpg

そして、最近よくやってるのが、ダッチオーブンでの焼き芋(さつまいも、サトイモ)。
愛犬の手作り食のために鹿児島の農家から大量のサツマイモを送ってもらっているが、サトイモをおまけでつけてくれるので、ためしに焼き芋にしてみたらこれがまた美味しい。

ただ、薪を作り貯めとかしていないので、毎日15分は床下に転がしてある間伐材から薪を作る作業をしている。

あいかわらずの愛犬との日々。

B01_201701122220028cf.jpg

B03_20170112222004431.jpg

トイプードルのつっくんは毎日、朝夕のお庭での爆走を楽しみにしている。

B05_20170112222003f4a.jpg

ワイマラナー2頭は、昼間は、南側の庭で、私が薪を作っている横で日向ぼっこする。

B06_20170112222005875.jpg

地所の大半は、野生動物のために自然のままに保ちたいが、いまドッグランとして囲っている空間は、果樹園 兼 庭園として将来発展させていきたいと思っている。斜面だが、比較的緩やかなので、その気になれば、いくつかの段にわけて整地することができる。思索にふけりながら散歩するのに丁度いい庭園にすることができる空間。朽ちた古代ローマの庭園風の物憂げな場所にしたい。