FC2ブログ


ヴァルプルギスの夜に

凍てついたシベリアの樹海での野営。焚火の赤い炎が雪が張り付いた周囲の木々を奇怪に照らしている。まるで魔女の集会のようである。アルセーニエフはその光景を見て、ヴァルプルギスの夜のようだと思う。その時、森の中から獣の足音が聞こえる。熊か?森の中から現れた影が焚火の場所に来る。その影の正体はデルスという名のシベリアの原生林に生きる猟師だった。

黒澤明の映画「デルス・ウザーラ」の冒頭のシーンだ。

さきほど、犬のトイレをさせに外に出てみたところ、門柱灯に照らされた静寂の世界がヴァルプルギスの夜の様相を呈していた。

wal03.jpg

wal01.jpg

wal04.jpg

wal06.jpg

wal07.jpg

この雪に閉ざされた美しい自然の中で犬たちと暮らしている今日という日を記憶に留めよう。
いつの日か、かけがえのない思い出となるだろう。