FC2ブログ


稀代のセールスマン

クライブバーカーの小説「ヴィーヴワールド」は多くの寓話が
そうであるように、奇想天外な物語の中に、現代への深い
洞察が秘められている。

Weaveworldjap.jpg


この物語は、極めて重要な役どころとして、
稀代のセールスマン・シャドウェルという男が出てくる。

天才的な営業マンで何でも売ってしまうこの男は、
イラコマータという魔女につきそって長い旅を続けてきた。

彼は、魔女にそのセールスの才能を買われ、
妖精が絨毯の中に隠した綺想郷(フーガ)を世界の
大金持ちに売りつけようとする。

しかし、綺想郷に魅入られたシャドウェルは、
綺想郷を誰かに売り渡すよりは、むしろ綺想郷の
新しい支配者になろうと目論む。
(傀儡が意志を持つ。)

彼は自ら預言者を名乗り、綺想郷から逸れたアウト
サイダーの妖精たちに「綺想郷へ還ろう」という夢を
売りつけ始める。

そして、それはアウトサイダーの妖精たちの間で
カルトの熱をおびたムーブメントを作り出す。

アウトサイダーの妖精を綺想郷を侵略する際の
兵士にしたてあげて、彼らの行動を操ることによって
綺想郷を乗っ取るというのがシャドウェルの作戦だった。

--------------------------------------

このシャドウェルの綺想郷侵略の物語・・・
どこかの国の大統領選挙を予言していたのではないだろうか?

雨の日のつっくん

トイプードルのつっくんは、毎朝と夕方、庭に出て走り回るのが楽しみ。

DSC_0029.jpg

ワイマラナー姉弟の臭いの後にオシッコをかけまくってゆく。

DSC_0049.jpg

アイアンのデザインもつっくんが通り抜けられないように下部分はバーの数を増やしている。

DSC_0042.jpg

室内で煩いのに、外では鳴くこともなく聡明で優雅な物腰。

DSC_0045.jpg

8歳だけど、童顔の我が家のマスコット犬つっくん。

DSC_0001.jpg

ところで、蚊がいなくなったので毎週日曜日はベランダでBBQを楽しんでいる。
ベランダは、100mほど下を走る車道まで自分の敷地なので、プライベートな落ち着ける空間。
家の存在が外部音を遮断してくれるので、ミニ噴水での音消しも必要ない。