FC2ブログ

モールトンを門柱に立てかけて・・・

晴れた日にはなるだけアレックスモールトン
という自転車に乗ることにしている・・・

スペースフレームの独特の構造を持つ、
英国製の不思議な自転車。

軽くて自分の家の前を通る周回道路で
サイクリングするのに丁度よい。

モールトンを門柱に立てかけて・・・
(自分の車両は1990年代のAM7という車種)

AM701.jpg
(ロゴ:Moulton bicycle company

愛読しているモールトンオーナーのブログに倣って、
画像に、アレックスモールトンのロゴを入れてみた。

AM702.jpg

空間を雰囲気のあるものに変えてしまう自転車、
我が家の外構とよくマッチングしているように思う。

最近は自転車で走った後、門柱に自転車を傾けて眺めるのが
なんとも充実感があって楽しい。

レンガ積みがやっと終わった

長い期間かかったレンガ積みがやっと終わる。

職人さん(経験50年のタイル職人)が素晴らしい方で、
丁寧で良い仕事をしていただいて感謝している。

2日経って、まだ目地本来の色は出ていないが写真を撮ってみた。

B05.jpg

アプローチをレンガで敷くと高級感と洒落た雰囲気がすごく出る。

B03_2016060408155138d.jpg

アイアンゲートは今から作製開始で月末には仕上がる予定。

B04.jpg

門柱の間から見る我が家は洋館らしい雰囲気が出てるのではなかろうか?

B01_20160604081539c7b.jpg

晴れていたのでカーポートの写真も。
このLIXILのIORIという商品以外では、カーポートは考えられなかった。
IORIはあくまで現代的な材質のだが、少し19世紀的なデザインになっていて、それが古風な家にも意外に合う。

B02_20160604081550f92.jpg

接道が広く、あまりにも間口が開けっ広げな家なので、
カーポートで家と道路の間に緩衝地帯を設けることは我が家は必須だった。