FC2ブログ


今月の注意点と目標

今月は以下の事に気を付けて生活する。具体的には暇すぎてアホになった人々に注意して生活しろと言う事だ。

近寄ってくる人 ~ 漂うオッサン
http://bessousaisei.blog.fc2.com/blog-entry-283.html

高校デビューする大人には気を付ける。
http://bessousaisei.blog.fc2.com/blog-entry-115.html

[高校デビュー氏]の新事業に利用されそうになった話
http://bessousaisei.blog.fc2.com/blog-entry-297.html

アホは群れる だからアホは危険・・・
http://bessousaisei.blog.fc2.com/blog-entry-264.html




そのうえで・・・

アホを活用して成功する
http://bessousaisei.blog.fc2.com/blog-entry-276.html

『アホ』をエネルギー源にしてより仕事と趣味に集中する。

暇であるアホとは180度逆の反転した行動をとって、とても忙しくしている事。

●クリエーター系の仕事を再開する転機にする。
●単純作業で一段上の成果を狙う。

アホのおかげで、もっともっと成功して、人生が安泰になればこれほど愉快な事はない。




具体的に集中するのは以下の事。

著作権料以上のビジネスは無い
http://bessousaisei.blog.fc2.com/blog-entry-265.html

毎日何か新しいモノを発見せよ ~ マンネリ化しない
http://bessousaisei.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

運をつかむ方法① 人の行動をウォッチする
http://bessousaisei.blog.fc2.com/blog-entry-197.html



悪癖を絶つ ~ 時間と質を大切にする


あまりにも殺風景な場所で暮らしているとつい賑わいを求めて遠出したくなるが、それ自体は満足度が低いのに、壮大に時間が奪われる行動・・・車で片道1時間以上など遠くの店に外食に行くのはやめよう。また歳も歳なので、キャンペーン目的や優待券などを消費しに安物のチェーンに行くことも行った後の後悔が大きいので止めるようにする。

行くなら、中の上以上の店に行く。大規模経営の安物のチェーンなど、もともと行きたくないので、一生行かなくても何の問題も無い。

年に数回ならいいが、週に1、2回もそういう事をしていると本当に時間が無くなるし、人生がむなしくなる。

45-60歳の15年間はあっと言う間に過ぎる。歳をとればとるほど人間の行動は習慣化する。戦略的に、質の低い行動を習慣の中から排除しておかないと、後で大きく後悔する事になる。




そのかわりに、散歩のついでに近場の海岸などに弁当を持ってピクニックに行ったりする方が満足度が高いだろうし、帰りも30分もあれば帰れるので時間が奪われることも無い。

生活のクウォリティーを下げるような行為を徹底的に排除して、何事も"質"と"時間"を大切にして暮らそう。



また、複数の選択肢があるなかで、もっとも質の高い行動を選ぶ決断を積み重ねる習慣自体が、過去の記事に書いた"アホ"や"地雷"と遭遇する確率を下げてくれるかもしれない。

『毎日1個ニッチ的な新分野を発見する』を再開すべし 出発点につねに帰る

なにか一つの事でうまくいくと、それを単純にコピペして拡大するのがビジネスである。

ビジネスの出発点とは小学生が何を閃くのと同じぐらい何気ない事である。

いかに効率的にその単純な仕組みをコピペして拡大できるかで結果が大きく変わる。

ところが、コピペによる拡大がやや満足できる規模になると、そのコピペ作業をやめてしまうことが多々あり、そのままやめたままで現状維持すると、コピペ作業のやり方すら忘れてしまう事が多々ある。




3月から本格的に拡大してきた単純作業的な仕事だが・・・ほぼ自動運転のような状態になっている。
現状維持で十分回る状態になっている。ここ半月ほど『毎日1個ニッチ的な新分野を発見する』を行っていない。




過去の一発屋的ツボにはまった局面では、このままズルズルと初心に帰れず、徐々にパイを減らして最後には、なぜ一発屋的な状況が生まれたのかという出発点も忘れてしまいマンネリの中に埋没することが多かった。

出発点を忘れてしまうのならまだいいが、現状維持すら忘れてしまい、ほぼ不労所得のようになった状況すら平気で捨ててしまったりする。

不思議な事だが、人間は自分が発見したものの有難みを忘れてしまうのである。多くの成功者はこの出発点を忘れなかった人間だとも言える。大会社の社長が、誰よりも早く出社して、玄関先を掃除するなどするのはこの出発点を忘れないための儀式的な行為と言えるだろう。

今回はそうしない。

『毎日1個ニッチ的な新分野を発見する』をそろそろ再開しよう。




思えば『毎日1個ニッチ的な新分野を発見する』は、何らよって立つものが無い状態で自分の才能だけを頼りに15年間生活してきた私にとって、生涯に渡って生きる事を保証してくれる鉄壁の生活保障のようなものである。

毎日1時間程度を使ってこれさえ続けておけば、定期的に大きなチャンスに巡り合うため生活に困る事はほぼないだろう。

ゆえにどんなに忙しい日々になっても必ず継続しなければならない事なのだ。

これに加えて、毎日1枚の絵が描ければなお良いだろう。この2つの作業が継続できれば、自分に与えられた2つの才能をつねに磨き続けることができる。

2つの変化


①趣味に関して・・・ある魅力的な計画に着手し始めた

②『アホを相手にしない』を実践できている その効用も




①以前より、仕事に対しても好影響を及ぼしている趣味上のある計画に本格的に着手する事に決めた。
あまり夢中になりすぎて、仕事に害がないようにしないといけないな。
だが・・・その計画について夢想しながら日々を送るのは楽しい。

②『アホを相手にしない』を徹底できている。
その効用として感情エネルギーを浪費せず、心が無駄に汚されず気持ちよく日々を送れている。

この1か月を検証


5月後半~6月は引き続き、良いサイクルが回っている1か月だった。
3、4、5、6月と新しい試みに注力しているが、毎月前月よりも良い成果が生まれている。
毎日が刺激的で楽しい。




とりわけ5月後半~6月26日(現在)において取り入れて成果を上げた事。

1.アホを相手にしない(バカな人に感情エネルギーを吸い取られない)。
  ※アホを相手にしないという習慣が徐々に身に付きつつある。
    これが完全に身に付けば今後の人生にかなりプラスになる。乗り越えるべき試練だ。

2.仕事での幸運を拡大することによって、環境面の不運を小さくする。
  ※世界観は、相対的なものである。仕事で毎日 「今日はラッキーだった。今日は恵まれていた。」と思える状況を作りそれを拡大すれば、精神が形作る世界観において環境面のマイナスは比率として小さくなる。ゼロにはならないが、せせら笑える気分になる。

3.つねに幸運を引き寄せるための作業(種をまく作業)をストックしておく。
  ※つねにやる事があるので、感情が乱れても仕事にすぐに戻れる。
  



この3つは相互に関連しており、この3つを今のまま実行し続ける事ができれば、不遇な環境で暮らす事を、仕事でのステップアップのエネルギーに転換できる。いわば悪環境を成功に換える『幸運変換機』のようなものを作動させることができるのだ。

実際に、この4か月それが実行できている。

まさにデール・カーネギーの「人生がしょっぱいレモンを与えたら、レモネードを作りなさい。」を実践しているのだ。




図解 「幸運製造機」


アホを相手にしない

感情が多少でも乱されれば幸運を引き寄せるための作業(種をまく作業)にすぐさま取り組む

仕事面での幸運が拡大

自己の内面的世界観の大半が「今日はラッキーだった」という気持ちで満たされることで環境の及ぼす悪影響の比率が相対的に小さくなり無視できるものに


※このサイクルを回し続ける事で、環境面での悪材料を仕事での成功に転換できる。
  これにより悪環境で暮らす事を逆にメリットに変える事が出来る。