FC2ブログ


令和元年は武田教授の観点を取り入れる年に

武田邦彦教授が音声ブログ等で話している事は、平易な言葉で語られながら、実は深い洞察に基づいた考えであるがゆえにハッと気づかされることが多い。

今日聞いていてふと思ったのだが、武田教授のやり方(思考法)を取り入れれば、仕事と遊びで実現したいことの成果が2倍ぐらいにはなりそうな気がしてきたことだ。




何百と公開されている武田教授の人生論のごく一部を聞いただけでも、なるほどと思えることが多い。

いくつか例を挙げてみる。




「昨日は晴れ。今日は朝。」

昨日がたとえ土砂降りでさんざんな目にあった日であっても、昨日はとても晴れて気持ちが良く楽しい日であったと思い込む。
そして今日は、朝が清々しくて気持ちが良いと思う。

・デールカーネギーの本にも似たような章があるが、武田教授の考えのほうがより単純化されており直接的である。




目標はつねに後にある

たとえば大学に入りたいと思っても、東大に入るなどという具体的な目標は持たない。自分がやれるだけ勉強してその時に入れる大学に入ろうと思う。そろそろ家を建てたいと思ってもどんな家を建てたいか考えない。とにかく一生懸命貯金して貯金できた額に応じて建てられる家を建てようと思う。

私が見るところ、このような思考の本質にあるのは以下の2つである。

・自分が今この時にやるべき事だけに集中する。
・だが、その努力の末に得られる結果に期待したり気に病んだりせず、どんな結果であれ自分にふさわしいものとして受け入れるという気構えを持つ。



つまり世間に対して自分が働きかける事(勉強や貯金)には集中するが、世間がその対価として何を差し出すかについては「あーでもない・こーでもない」と妄想して思考エネルギーを無駄に浪費しないということだろうか?




努力家は不幸になる

努力家は真面目ゆえに自分に不向きな事を一生懸命やる。自分が苦手な事を克服することが意味があると思い込んでいる。たとえば苦手な英語の勉強をして努力して資格を取る。資格を取ったので英語の部署にまわされ、苦手な英語の仕事をやらされる。このように、誤った努力は人を不幸にするのである。

一方武田教授は、人間は20歳をすぎれば性質が変わらないものだと達観していたと言う。それは自分についてもそうだし、他人についてもそうなのだ。

 たとえば、タチの悪い同僚や上司がいれば、クズ人間を矯正しようとなどまったく思わず、むしろ彼らを褒めながら全力で距離を取って一切関わらないようにして、自分が居心地が良い部署へ、自分が向いていて楽しいと思う部署へと少しづつ寄って行って、自分の居心地の良い居場所を確保したのだと言う。




とくに最後の「努力家は不幸になる」は、なるほどと思える。

 私自身、努力家では全くなく、仕事自体は武田教授とまったく同じやり方で、やりたくない事から遠ざかり、付き合いたくない人々からも遠ざかり、自分に100%向いている事だけに注力していった。そうすることで本当にうまくゆく。15年ほど前、サラリーマン(SE)をやっていたが、サラリーマンそっちのけで自分に向いた副業に100%集中した結果、サラリーマンの給料の数倍ではきかないほどの成果が上がったのでフリーランスになりそれから一度も人に雇われずに暮らせている。

 一方で、自分には主に遊びや日常生活の面で「苦手な事を克服しよう」という部分が多少なりともあり、そのような努力は往々にして良い結果になっていない。20歳を過ぎれば人は変わらないと達観して苦手な事からは全力で距離を置いていればもっと良い結果になったのにと思えることが多いのだ。
スポンサーサイト



幸福になる世界観を持つ ~ 武田邦彦教授

武田邦彦教授は、実体験を通じて、人間が幸福になるために以下の法則を勇気を持って、自分自身に思い知らせることが必要だと言う。

『テニスの法則』 ・・・ 人はテニスの審判に対して自分に不利な判定が出たときは抗議するが、自分に有利な判定が出たときは気にかけない。得てして人は『人よりも自分は割を食っている、損をしている』と思いがちである。だが、人は自分の事をエコ贔屓して考えるため、『人よりも少し損している』ぐらいの感覚が、人と自分の関係が正常な状態である。

『三角形の法則』 ・・・あらゆる組織、集団は三角形の構造をしており、多くの人々は三角形の頂点に自分がいない事に不満を持つ。自分は不当に評価されていると思いがちである。たとえば平社員は自分が課長でない事を嘆き、課長は自分が部長で無い事を嘆き、部長は自分が社長で無い事を嘆く。だが、組織や集団に属する限り、自分は不当に低く評価されているというのが正常な状態である。なぜなら三角形の構造の集団の中でトップになるのはほんの一握りだからである。




『三角形の法則』に関しては、フリーランスをやっているとほぼ感じる事が無い。顧客がいる限りは不当には評価されていないわけで、そもそもどんな小さくてもビジネスが成り立っている限り「不当に評価されている」という感覚は生じないのである。

ただし、他の場面ではそのような感覚を今後持つことがあるかもしれない。その時には武田教授の法則を思い返そう。




 一方で『テニスの法則』のような、自分は割を食っているという感覚はしばしば持つことがある。

 そんな時に妻に言われるのは「世の中の人はたいへんなのよ。朝早く起きて電車に揺られて会社に行って、上司にこき使われて。ときどきは自分が恵まれている事を思い出したら?」なんて事も言われる。妻は現役営業マン時代は一日に車で三宮と上郡を3往復とか普通にしていたらしいから、ゴロゴロして遊びながら仕事をしている私の生活などリタイヤ生活にしか見えないだろう。

 同じことは姉にも言われる。姉からは仕事がな~んにも出来ないのに、目下だと思って姉にばかり仕事を押し付ける定年延長のオジサン社員(悪臭を放ち、いつもクチャクチャ音を立てて仕事中に雑談ばかりしているクズ職員)の愚痴をよく聞かされる。

 人間は良い判定がいくつ出ても気にかけず忘れてしまう。でも確率的に誰にでも起こり得る悪い判定の時だけ悲嘆にくれるのだ。悪い判定を平然とやり過ごす事が出来れば気分よく一日を過ごせる。

 この法則は勇気を持って受け入れて、自分の心の持ち様を改善せねばなるまい。