FC2ブログ


レストアの心理学 2 ~ 完成像を夢見ない


武田邦彦教授は、目標を立てる時、夢を達成した状態にあるときの具体的なイメージを持たないと言っている。
それよりも、日々何をすべきかに集中するのだと言う。

これを聞いた時こんなことがあるのかなと思ったが、車のレストアをやっているとなるほどと思える。




レストアをやりながら、鉄則のような事をいくつか発見した。

①レストアベース車両はそのまま捨ててもいいぐらいの安価な値段で入手
②完成状態にするまでの費用も実に安価に実現できる計画に
③途中で断念しても損が出ないようにする
④外観・内装の再現からはじめ、機関は一番後でいい。
 外装と内装が整えば、機関はあとからついてくる。
⑤毎日1時間程度、生活に支障が無い範囲の短時間の作業を延々と続ける。




こうしたレストア作業において重要な心の持ち方がある。

・完成像を夢見ない
・今日はネジを1個外せたなどの過程を楽しむ 
・毎日少しづつでの進んでる感覚をつねに持つ
・一生、こうやって車と戯れているだけでも別に良いと思えるぐらいの境地に達する
・毎日作業を短時間に限定し、実生活に損を生じさせない事
 (空いた時間にちょっとイジってるだけなのに、気づいたらピカピカの夢の車が手に入ったという感覚を持てるように)




クルマのレストア作業は、素人が作業するのだからすぐに結果が出ない。
少しづつ、10年ぐらいかかることなどザラである。

10年はそれだけで一つの人生である。

最終結果である完成像ばかり夢見て心待ちにしていたら、10年間が苦行になり無になる。

そうではない、作業工程を楽しむのだ。

「ここはこうなっていたのか、なるほどこうしたら直せるな」
「今日はあのネジが外せてよかった」

など小さな喜びを日々積み重ねて、その一つ一つを楽しむ事。

それが出来なければたとえ1年間であっても結果の見えない作業など出来るものではない。

レストアの心理学 ~ 外観の復元が最初

レストア=レストレーション 。日本では主にヴィンテージカーの修復に用いられる言葉。




20代の終わりごろに、1970年代製のある英国車を伊丹市の街の不動産屋の息子の兄ちゃん(私よりも2歳ぐらい上)から譲ってもらった。その時に工具や、レストアのための書籍などもゴッソリと譲り受けた。今でもその時にもらった工具をいくつも持っている。

その英国車は、その兄ちゃんがレストアしたものだったが、その車と過ごした記憶がある意味で車趣味の原体験となり今もその原体験に憑りつかれて、再び同じ車をレストアすることを妄想し、長年かけて実行もしている。




レストアという作業は、膨大にやることがある。この作業を毎日コツコツと楽しんでやることが出来れば最高の趣味になるが、一歩間違えると、人生という時間を吸い取られて結局レストア断念という結果になる事も少なくない。




若い頃には、とにかく機関中枢部(エンジンミッション)を直すのだ。それが出来たら後はどうにでもなると思っていた。

だが今は、とにかく外装・内装の見た目をまずちゃんとさせるのだ。見た目が綺麗になれば、機関中枢部などはプロにまかせることが出来るしどうにでもなると思うようになった。




いくら動く車でもボロボロの車を見ているとテンションが下がる。だんだん「こんなスラム街のゴミ屋敷みたいな車をガレージ置きたくない」「この車と縁を切って、新車のシビックタイプRでもポンと買った方がいいや。」と思えてくる。

だが、ボディがある程度綺麗で、動いてもおかしくないほど磨き上げられた外観をした不動車はそういう心境にはならない。不動でもガレージに置いているだけで楽しく、動けばさらに最高の気分という心境になる。




映画「ベスト・キッド」でも、主人公の少年がカラテを学ぶ過程でミヤギさんにボロ車をピカピカに磨き上げる作業をやらされるシーンがある。

レストアという作業は、車の再生を通じて、それ以上のものを学ぶ良い機会である。

IMG_1754.jpg
まずはガスダンパーの交換。簡単なところから手を付けて成功体験を積み重ねる。



快楽的な人生のためのシンプルな計画

ある程度歳を取った大人が快楽的な余生を送りたいなら、好きな車とガレージと仕事場というシンプルな環境があれば良い。

1.快楽は車で満たせる
2.一生できる仕事は生活の安定と活力を持続させる
3.車やガレージは仕事場にもなる
4.衰退して行く外界の事など忘れて好きな事に集中する

車の維持費は、精通によって賄えるから、何も知らなかった若い頃にこの車を所有したときのようにはお金もかからないのだ。ガレージの中で仕事して、仕事に煮詰まったら車で走り、車の中でも仕事のアイデアを練り、また戻ってきてクリエイティブな仕事を楽しむ。極めて近い将来、そうした環境を整えるだろう。

その準備を着々としている。

稼ぐ楽しみと、車を走らせる快楽との相乗効果。

一度手に入れたらその快楽は2度と手放すつもりは無い。

blog0x_20190313015749d4c.jpg





ガレージは、ガレージハウスのようなたいそうなものでなくてもよく、岡山TIサーキット近くの月2万円で借りれる仮眠室とシャワー付きのシャッターガレージ(ふるさとガレージ)でもよいし、自分でイナバガレージ的なものを建てて、空調だけしっかりやってガレージの中にテントを張って仕事しても良いだろう。

ひたすら幸福と快楽を追求したいこれからの人生においては、衰退して行く地域の不動産や、高齢化に比例して陰湿になってゆくコミュニティに賃貸契約以上の縁を持つのは極めて危険な行為なのだから、『ふるさとガレージ』を月極で借りるあたりの選択がちょうど良いかもしれない。




これからは好きな事だけして生きてゆく。

以前は、ずいぶんたくさんのオーナーに依頼されてイラストを描いたものだけど、こうした趣味と実益を兼ねたイラスト業も再開してゆきたいな。一生続けられることを楽しんでやるのだ。

blog01_20190313015428cf2.jpg

blog03_20190313015435bd9.jpg

blog02_201903130154542ac.jpg

blog04_20190313015449c30.jpg





邯鄲の夢

試験にはげみ若くして高級官僚になる

有力者の娘をめとり、若くして出世する

大臣になる

政敵に陥れられて左遷される

数年後にそれが無実とわかり出世街道に復帰するが・・・

年波には勝てずついに死ぬ

こうした人生の栄枯盛衰を語る言葉として中国には『邯鄲の夢』という言葉があるそうな。
最近、久松文雄著の『秦始皇帝』の漫画で読んだ。






44歳も半ばになって最近思う事は、何をするにも今後は心底楽しめる事、自分のやりたい事をやろうと思う。そうしないと人生後悔するだろう。そして、自分のやりたい事をやるのだから、小さな事にクヨクヨせずに、楽しんでそれをやらなければらない。意欲的に日々を生きなければならない。

そんなことを考えながら、毎日、夕暮れに数時間、ワイマラナーのバンビとつっくんの散歩に行っている。