植田統「45歳から5億円を稼ぐ勉強法」

自分にピッタリの本を見つけた植田統「45歳から5億円を稼ぐ勉強法」。
(この5億円という部分は、あくまで本を売るためのセールストークだと思うので無視した方が良い。)



この本の要点は、45歳から男は仕事上でターニングポイントを迎える。ここで仕事人としての立ち位置をリセットして、一から勉強しなおして、45歳~70歳の25年間、現役でバリバリ稼げるような仕事のスタイルを確立せよという内容。

最初、東大法学部の筆者の本なので参考にならないと思った。東大卒という時点である種の天才なので、試験秀才の唱える勉強法など、わたしのように試験大嫌いな人間には普通は参考にならない。でも、この人は大学の教授を兼任しているだけあって、どんな人間にもその力量・度量にあわせて応用可能な形で方法を説いており、この「5億」という部分も自分に見合った金額に置き換えればよいように読むことができる。

自分の場合、どの分野で今後25年間食ってゆくか?という部分はもう決めているので、この本の勉強のノウハウを取り入れて、日々時間を作りその分野により精通し仕事に取り組んでゆこうと思っている。「働きながら学ぶ」という点が重要。

20代前半、大阪の上新庄の家賃2万5000円の安ワンルームに住んで、ある職業を1年半、根をつめて勉強して目指した。バイトをしながら、毎日毎日取り組んで、1年半で収入6万円にしかならずにその職業を諦めた。それが、30代半ばになって再びやってみると、10年のブランクにもかかわらずそれで食えるようになっていた。20代に憧れた職業をやれている、それだけで幸せだ。でもまだ経験は浅いので学ぶことはたくさんある。日々働くことを通じてその分野を深め学ぶのだ。

無駄な趣味をそぎ落とし、仕事を唯一の趣味にして45歳からの第二の人生を生きてゆきたい。




話は変わるが、仕事中に聞いていた以下のYOUTUBEの動画。



「いまいくら持っているかではなく、なにで稼いで食っていくか」を考えられる人じゃないと、お金(が減ってゆく不安)に取り殺されるとの内容の発言が後半部に出てきて、自分もそう思うと思った。人生90年と見るならば、70歳どころか80歳手前までは働けるように今から計画を練っておこうと思っている。

寝たきりでも働けるように

10年ほど前は、早期リタイヤ、働かなくてもいいように、なんて呪文のように考えていた時期があった。

今は、将来、寝たきりになっても働いていられるように今からいろんな種を撒いて育てておこうと計画するのが楽しくてたまらない。散歩中、お風呂やサウナの中、夜ベッドのなか。ワクワクしながら構想を練ってる。

そうした計画遊びも完全に無駄ではなく、その中のいくつかは毎月、着実に実現していってる。

自分のビジネスアイデアは、いつも自分が興味があるものから始まっている。
水木しげるが言ってたかな「自分の好きを信じなさい」 自分の好きなものは、多くの人が求めているものと繋がっていると確信している。興味があるものを発掘して、手に入れてみて、その世界にどっぷり入ってみる。そしたら、そこにどういうマーケットがあってどこにニッチがあるか見えてくる。その分野の粋人になれば、人々が欲しいものが手に取るようにわかるのだ。

周囲の人が見たら、たんなる遊び人にしか見えないかもしれない。

昔と違うのは、そうした趣味の世界は海外とも連動している事だ。海外マーケットの方が大きい事もある。今は10%ぐらいだったとしても、ビジネスにおける海外比率は今後、もっと高まってゆくだろう。

モノを右から左に動かすだけではなく、自分でモノを作れるようにもなりたいと思っている。
趣味としてそうしたことを初めて、少しずつスキルを磨いてゆきたいと思っている。

日本が10年後20年後に、世界の中でより小さい存在になったら、かつてのようにモノを日本が自ら生み出して海外に売っていかないといけなくなる。韓国人や中国人はみんなそうやって活路を開いている。将来の姿である。

そのための準備をしておくのだ。

いいかい、泥からお金を作るんだよ。


先日の記事の続きだが、99歳のユダヤ人のスーパー実業家お爺ちゃんの話。

このお爺ちゃんは、比較的裕福な家庭に生まれたが、すぐに父親が死に家族は貧乏のどん底へ。幼いお爺ちゃんは、「かならず自分の黄金時代を取り戻してやる」と決意し身を粉にして働いた。そんな日々、幼いお爺ちゃんが仕事に出かける時に、母親は「いいかい、泥からお金を作るんだよ。」と繰り返し諭した。

「泥からお金を作る。」これは言葉では表しにくいが、どんな小さなビジネスにおいても、本当にその通りなのだと思う。

泥のようにその辺に転がっているものに価値を見出すことが面白いからビジネスは面白いのだ。それには泥から何かを感じ取るデリカシーのある感性や、他の人とは違う角度から泥を観察するオリジナリティーが必要となる。また日々の気持ちの持ちよう・習慣・動作といったものまでが泥であり、やりかたによって自分の価値を高めてゆくものである。泥という意味は、未知のもの・自由度のあるもの・曖昧模糊としたものなどを総称する表現であり、すべては自分の心がけ・生活しだいという意味も含まれていると思う。

今あるものを磨き切れているか? ② 自分の領分内での継続が不労所得を生む

「今あるものを磨き切れているか?」 の続きだが、ビジネス編として書きたい。

仕事において、新しい分野を開拓するよりも今やっていることを磨くのが何よりも大事だ。
(企業を見ても、多角化・新分野開拓で本業を疎かにして倒産する企業が多い一方、老舗企業は頑なに本業を継続することで長く生きながらえる。)

本当は、素振りのたびにより良い素振りをイメージする継続がベストだけれど、単に惰性で継続するだけでも効果が大きい。
嫁などはこれをわかっていて、ブログなどでも田舎暮らしをはじめた10年以上前から途切れなく日記をつけ続けていて、SNSへと引き継がれた読者・フォロワーもかなりの数に及ぶ。
生活に浮き沈みあり、仲違いし陰湿な嫌がらせをする人などもおり、信じていた別荘地に裏切られた体験をしたりする中でも、けしてブログを投げ出さずに頑なに継続するのだからたいしたものであると思う。嫁は嫌な経験をしても、「10年後には大した事ではなくなってるから、すぐに忘れる。気にしない。」そうだ。私は違う、いままでは嫌なことがあればすぐに投げ出してしまっていた。

わたしの仕事内容でも、特定分野に特化した分野を何年も継続してゆくと、とても新規参入者が太刀打ちできないノウハウが蓄積されるし、最終的にはほとんど労力を駆けなくても配当を生み出す不労所得のようなものまで生じてくる。絵関連のSNSでも7年間継続しているものは放置していることが多いのに、中国人や韓国人利用者の増加も手伝ってフォロワーが10000を超えている。

また、すぐに結果が出ないものでも、毎日数分でもこつこつとやり続けることで、気づけば結構な仕事に発展していたと事もある。

ゲーテは、「本当に不幸なのは、自分が良く知っている分野の事を未完のまま放りだし、理解してもいないことをやり始めてしまう人だ。彼らが嘆くのも無理もない。」という言葉を残している。



実際、私の家系には、バブル時代に某大企業の営業マンとして長期にわたって売り上げ日本一の成績を残しまながら、理解してもいない事に憧れ、その道に進んだ結果、それまで築いた家族・業績・名声、全てを失ってしまった人がいる。

自分にもその人と同じ気まぐれさが血の中にある。良く知っている分野の事で、やれば結果がすぐに出るのがわかっているのに、未完のまま放りだしている事が、思うだけでも何個もある。普通にそれをやればいいのに、なぜか道草して遠回りして、それが自分の人生のようになってしまっている。その遠回りのサイクルは、ひょっとしたら高校時代ぐらいから始まっているのかもしれない。

お医者さんなどが大きなものを築けるのは、何十年も頑なに本業を継続できる仕事ということもあるのではないか?何であれ頑なに本業を継続できる仕事は、多少の浮き沈みがあっても、たいていは最終的に大きなものを残すのだ。

知っている分野をまっすぐ歩いて、継続してゆくのが一番効率がいいのだ。
それを忘れないようにしよう。

書物には、一生それで食えるだけの資産が詰まっている

マーヴィン・トケイヤーの「ユダヤ商法」をトイレで時々読んでいるが、ユダヤ人がいかに書物を大事にしたか書かれている。

情報があふれる社会で人々は忘れているが、書物には、一生それで食えるだけの資産が詰まっているのだ、とふと気づいた。

明治維新のテクノクラートの多くが、外国語に秀でているという脳力だけで大臣にまで上り詰めた人が少なくない。
外国語ができれば、海外の近代兵法書や医学書が読めた。それらの本に精通しているだけで専門家になれた。

実はこの現状は今でも変わっていない。

たとえば、六法全書に精通した人間は法律家として一生食っていける。税法に精通した人間は税理士として一生食っていける。
特定の本に精通しているだけで一生食うに困らない職業は今でも数多くある。

これはよりニッチで細分化された社会の様々なニーズ・分野においても同様なのだとはたと気づいた。

たとえば作家業だが、作家の多くがすさまじい数の蔵書をコレクションしている理由は、作家の多くが書籍のコレクションの中に未曽有の金塊が眠っている事を知っているからだろう。それを知っている人間が作家になれるのだ。

作家業に限らず、世の中の人々の興味の対象となる宝物のような資産が、過去に出版された書物・雑誌の中に眠っている。(とりわけ日本の文化の黄金時代である1980年代の書物の中に・・・)

これからは、徹底的にモノを整理する一方で、私の対象とする分野の書籍群をコツコツと安価に集めてゆこうと思っている。それらの書籍群は、適価で手に入れさえすれば必要箇所だけ撮影してデータとして所有し、手に入れたのと同じ値段で手放す事も出来る。ほとんど出費なく、宝物のような資産にアクセスできるのだ。