FC2ブログ


これからますます悪くなる


母親があいからわず月1回ペースで遊びに来るので、愛犬のバンビを同乗させて、最近は赤穂のミオテンプリーナでランチし、犬の散歩、そして軽くドライブしてカフェしてブラブラしながら母親とあれこれ話している。

この一か月は、母が住む大阪北部で大地震、私が住む中国地方山間部では大水害と天変地異に関西~中国地方が見舞われている。

母の友人などは大阪のマンション住まいの人が多いが、今回の強烈な大阪地震でマンションがヒビだらけになり、家の中もムチャクチャになって、「売る予定だったのに、地震が来る前に売っておけばよかった」と嘆いている人が多いらしい。また四国・中国地方の田舎に立派な家を建てている人々は悲惨な目に合っている人が多い。私の別荘地も近年はゴタゴタ続きで呆れ果てるような状態。

「その点、賃貸はこういう時にリスクが格段に小さいからいいよね」と話している。日本の国土はヨーロッパなどに比べて、天災がすさまじく多い。こんな国の住民が持ち家に拘るから、一寸先は闇である。

私自身も母のように老齢になっていくこれからは住む場所も暮らし方も戦略的に考えないとえらい目にあうと思う。

私も昔は2軒別荘を持っていたが、一つでも手放しておいて本当によかった。毎年何回か遊びに行く牛窓のペンションのドッグランは斜面が崩落して使用できなくなったそうだ。斜面だらけの山の別荘地も、大雨などで基礎周囲の地盤が緩んで今後は別荘そのものが崩落するケースが増えてゆくのではないか?(谷に落ちた別荘を一軒知っているが)

中国地方の天災も、高齢化で山や河、野池の整備がされない → 流木が増える → 橋の欄干に木がはさまって洪水。という高齢化・人口減少の弊害が出ている。高齢者が支えてきた農業ももう先が見えており、これからは野菜や肉も国産品は値上りの一途だろう。これからはますます暮らしにくくなる。

これからますます悪くなる衰退社会において、トラブルに巻き込まれずより良く暮らせるように戦略的に考えて暮らしてゆかなければならない。

スポンサーサイト



因習の村 因習の別荘地・・・

「惨殺半島赤目村」という漫画を読んだ。



最近はまってるウシジマ君とは別系統だが、これはこれで傑作。

「惨殺半島赤目村」という横溝正史の伝統を引き継いだ因習ワールドもまた、自分は一般読者以上にリアルに感じる事ができる。

なぜなら、「惨殺半島赤目村」で描かれる、バブル期のリゾート開発が頓挫した島というのは、私が田舎物件を探して右往左往したことのある淡路島とよく似ているし、皆が皆の悪口を言ってる閉鎖社会というのは今私が住んでいる別荘地そのものだからだ。

「惨殺半島赤目村」の最初の場面で、僻地医療にたずさわるために赴任してきた医師である主人公は、島の社会が、~派、~派の派閥に分かれていがみ合っており、誰もが表裏を使い分け、やがて一人も信用できる人がいない事に気づく。わたしが別荘地引っ越した当初に接した人々も、「あなたは~派か?」と聞かれるほど、定住者が派閥に分かれて悪口を言い合うおぞましい風習の社会だった。今では裁判や批判ビラまきや総会での怒号うずまく罵りあいにまで発展している。別荘地内にカフェ兼ワークショップを作った人は「金儲けしている」という嫉妬を買って陰口を言われまくっていた。閉鎖社会は恐ろしい。

漫画において突拍子もない設定に見えるものでも、現実もそれに負けじと狂ってるのが日本社会である。なまじっかな設定の平凡な小説よりも、何でもありの漫画の世界の方がリアルに感じてしまう。

迫りくる大不況に精神面・物理面の両面で備える

田舎に住んでいると、日本全体の変化を実感として感じる事は少ない。
いや、着実に周囲の田舎や別荘地は荒廃していってるが、株価上昇などを見る限り、日本全体はむしろそこそこいい状態にあるのではないかと思ったりもしている。

だが、一方で大不況が迫っているのではないか?という不安もなんとなく持ったりしている。
政治状況の混乱のニュースなどを見ていて、そのような確信を日々深めている。

今、明確に実感することは、田舎の小規模店舗がどんどん閉店していってること、いよいよ別荘地の外の地元の住宅地の住宅が100万円200万円300万円といった尋常でない価格で投げ売られはじめたこと。いままでまともな体裁を繕っていた場所でも価格崩壊が起き始めている。大都市近郊の郊外なども同じ現象が起きているのではないか?

こうした現象の中で、いままで保たれていた社会の基礎的な部分の均衡が徐々に破壊されて、いろんな機能が突然死してゆく現象が起こってゆくだろう。もっとも弱い部分として、民間の小規模店舗の閉店現象が連続して起こっているのだ。

迫りくる大不況に精神面・物理面の両面で備えなければならない。
愛犬に愛情をそそいで後悔のないように最後までしっかり面倒を見る事。一方、物理面では、生活スタイルをミニマム化する事。山荘は保有し続けたとしても、いつまでもココで暮らさなければならない事はあるまい。すくなくとも精神面の自由さを確保するため、いつでも移動できるような自由度を確保できるように準備しておこう。

物理面でモノを減らし、ミニマムにシンプルにしてゆき、いつでも移動可能にしておくことが、精神面での閉塞感を払しょくすることに繋がるだろう。

また諦めるという精神的作業も自由度を確保するために必要な事だ。ユダヤ人はジュビリーという考えを持っている。50年に一度、負債が清算されてチャラになる。私も、心の中に鬱屈して溜まった負債(モノへの執着・不快な記憶・憎悪など)をジュビリーしなければならない。そうすることで、場所やモノから離れて自由になれる。

モノではなく、体験にお金をかけてゆくようにする。たとえばいい車がを買いたいではなく、いい店で食事したいという風に。そして一番重要な事は、肉体・精神、両面の健康さを保つ事。その健康さを保つために、外部環境を自由に変化させることができる自由度を確保しよう。車・家といった大型のものをレンタルで済ませる時代にますますなってゆくだろう。自由な生き方ができる人間が勝ち組で、モノに縛られ場所に縛られる人々はますます負け組になるだろう。

変化の時代にもっとも苦労するのは自由度の無い人である。自由である事、何よりもそれに価値を置くべき時代の到来が真近に迫っている。夫婦や血族で協力し合い努力してそれを乗り切ってゆく事を楽しみにできるようにしよう。

医者が猛烈に余り、移民の扉が開く ・・・ 堺屋太一

実家の母親が月一ペースで来て、あいかわらずドライブと食事とカフェめぐり。いつも会話の中心になるのは、この社会がどうなってゆくか、どう衰退してゆくか。

大阪一の人気地区である実家の周りのニュータウンは、田舎と違い団地がマンションに変わり、戸建ての土地は分割されて、昔に比べて人がひしめき合っている。にもかかわらず、北千里や千里中央の飲食店は寂れいるのだという。なぜだろう?

堺屋太一の本が話題の中心になった。以下の本である。



堺屋太一の記事を読んで意外感があることがある。2020年以降に到来する不況では、医者が猛烈に余る、という指摘。K計学園問題の時に獣医師が今後いかに余ってゆくかのグラフを見て愕然とした経験があるが、人間の医師でも同じことが起きるのだろうか?

実は、私が住んでいる上郡町やその周辺の町でそれを体感している。

個人医院がガラガラで、薬をもらうときに、「ずっと来てくれてないとこの薬は在庫できない。」と言われる。看護婦が営業員になって、一言発するたびに検査をされてぼったくり請求書を渡されるボッタクリ医院に入ってしまったこともある。また、むかし手首にヒビが入ったときは、私が自宅で仕事をしていると知るや、ギブスではなく手術でプレートを入れましょうと入院を勧めてきた。結局ギブスしてもらい、2週間後に自分でハサミで切って外して全快した。一方、流行っている医院は猛烈に流行っている。2極化がすごい。

2020年以降、不動産価格の暴落が起これば、日本人は窒息するような絶望感に陥ると言う。そうすれば、必ず移民を入れようという話になると。

堺屋太一は、戦国時代、江戸時代初期、明治初期には、戦争難民・経済難民・文化難民の中国人が大量流入して日本を活性化したと指摘する。

私は大阪時代は、大戦中に移民した台湾華僑の友人と一緒に仕事をしていたので、彼らがすぐに日本になじんで、時に日本人以上に日本人らしくなることを知っている。なので、移民にはそれほどのアレルギーは無い。だが、今の社会の風潮では、移民受け入れ増加に至るまで、相当の衰退と混乱を経るだろうなと思う。

少子化で相当のダメージを受けない限り、そのような結論に到達できないかもしれない。

一方、ステルス的な移民増加は体感している。仕事の中で、知らず知らずに外国人相手の仕事が10%を超えて行っている。大半は中国人だが、カタカナでどの国の人かよくわからない人もいる。田舎の町でも、辺鄙な工場からは、ネパール人?かベトナム人かわからない礼儀正しい若い人たちが自転車で帰路についている。またイラスト投稿サイトのフォロワーも中国人・韓国人の増加がすごい。

実は、極東はすでに複数民族が価値観を急速に均一化して文化的な統合が自然現象的に水面下で起こっているのかもしれない。衰退現象ばかり目で追っていると時代を取り違えるかも。

[高校デビュー氏]の新事業に利用されそうになった話

私がこの地の別荘地に引っ越してきて12年だが、新事業を起こす人を何人か見た。
また新事業を手伝ってくれと言われて実際に手伝ったことも多い。

一人目は、スーパーの真ん前のペットサロンの経営者の女性であり、我が家の小型犬の母犬の飼い主である。
我が家の小型犬は団地生まれの地元っ子なのだ。ショップを立ち上げた当時に別荘に娘さんと一緒に招いたことがある。

彼女がペットサロンという新規事業を立ち上げて、10年経った今もその店(母犬の名前がついた店)は続いている。
女手一人の死に物狂いの頑張りの結果だろうと思う。SNSの更新も毎日欠かさず続けている。




一方で、[高校デビュー氏]。この人と知り合ったのは2013年ごろだったか。

元々地元の人で無いこの人は、地元コミュニティに「芦屋生まれのボンボンの出で本当は医者だけど今は休業中」というキテレツ設定で高校デビューしていた人。地元の犬仲間つながりで知り合った。

※このような~設定で高校デビューする人は、私が住むような辺境には意外と多い。知り合ったほとんどの人が何らかの事実でない設定を持っていた。多くの人の場合、「自分はインターネットに通じている」「岡山で~を経営している」「人気者なので友達一杯」「誰それに褒められている(←商売上のお世辞を真に受けたパターン)」「私のコネはすごい」とか現実味がある設定が多い。一方で、私は何も偽らない。学歴も職歴もたいしたことないし自宅で仕事している。育ちは貧乏でお金ないです、倹約家です。事実しか言わない。そもそも人を利用する気が無いのでウソをつく必要が無いのだ。設定の無い人に稀に出会うと信頼感と好意を抱くし応援したくなる。

 もちろん、そんな[高校デビュー氏]の可愛いウソにいちいちツッコミを入れる人などおらず、妻も私もほほえましく話を合わせていた。[高校デビュー氏]は話に夢中になると、医者設定を忘れてしまうので話を合わせるのが大変だった。[高校デビュー氏]に誘われて・・・妻は週に数回、駅前のビルの2階の店舗に居抜きで入った[高校デビュー氏]運営の店にアルバイトで入るようになった。私が送り迎えした。

妻の頑張りもあり、その店には赤●民報の重鎮さんが来たりして一時は流行るかに見えたが、満席になっても元がたいして取れないという絶望的なビジネスモデルのため、妻が手伝いをやめた後あっと言う間に潰れてしまった。

私はHPを作ってあげたのだが、たしか、そのHPを引き渡す前に潰れた。




その店がつぶれた後、[高校デビュー氏]は新事業を考えたと言い始めた。
聞くと、中古車販売店を始めるのだと言う。
そして私にHPとロゴを作ってくれと言われた。

犬がオープンカーに乗っているイメージで作って欲しいそうだ。
私は今忙しいと断った。

次にその人は、私の住む町に広い土地を買ってドッグランを始めると言い出した。
どんどん話が私たちの住居に寄ってきているので気持ち悪く感じた。

また私は、動物愛好家のため、軽い気持ちで生き物に関わる商売をする人を好ましく見ていなかった。
ドッグランなど作って、犬が喧嘩して噛み合いになったり病気が感染したり、捨て犬を放置されたり、逃げ出して人を噛んだりしたらいったい誰が責任を取るのだろう。人間と違い行動が予測できない犬に関わる事業のリスクは無限大である。
そもそも騒音も制御できないのだから、よほどその土地に顔が効く人間でないと必ずご近所トラブルが起こる。
よほどのリスクを負える覚悟がなければ動物相手の商売などできない事などサルでもわかる。

前述のペットサロン経営者にしても、ちゃんと学校にみっちり通って、獣医学の知識なども十二分に勉強した上で仕事をしてる。それでもよく客の犬に手を噛み散らかされて、商売道具の手が傷だらけになっている。
犬が好きだから新事業が出来ると思ってる時点で、ダメダこりゃである。

最後に通販ショップをやると言い出した。ビジネスの方法は私たちに全て教えてもらうそうだ。
素人にネットショップのノウハウを教える手間があれば自分でその通販ショップを運営して、利益は私たちがいただきたい。

かくして[高校デビュー氏]の新事業計画は完全に頓挫した。
私たちも露骨に利用されそうな雰囲気を感じたので完全に離れた。




事業というものは、人を利用して出来るものではない。
「新事業を今から起こすぞ」なんて言わなくても、事業の才能のある大人なら自分のビジネスの種など1つや2つ持っている。
すでに土台があるから、いくつもある事業の種に水をかけてやるだけですぐに芽が出て事業が軌道に乗る。
成功率100%である。それが世の中の新事業である。

"新"事業などと言っても、本当のゼロから立ち上げるものではないのだ。