薪を作るか買うか

妻とは週に一回ランチ、週に一回夜の外食&カフェでマターリ、
実家の母が一か月に一回遊びに来るので、田舎をドライブしたり
食事やカフェで話して日中過ごす・・・朝夕、ゆっくり犬の散歩。

という平和な日々が続く・・・

70年代のポンコツスーパーカーを自分で修理するなどムチャな趣味を
やらなければ、セミリタイヤのような余裕のある日々が送れる。
一日一食にすると睡眠時間も5時間半で十分なので仕事も遊びも
含め時間が十分にある。




今シーズンから暖房として薪ストーブを本格的に運用しようと思っている。
方々から薪を買い集めてわかることは、薪は自分で原木から作るよりも
買った方がいいということである。

田舎には、薪で副収入を得ようとする人々がたくさんいる。
結果、競争が発生して乾燥モノの薪が驚くほど安く手に入る。

自分で作ると膨大な時間ロスと怪我と、家周辺が汚れる結果が待っている。

20171126107.jpg
つっくんと薪の買い出し。

20171126106.jpg
山奥で暮らすオジイサン。結構いい人だった。

この方の手作り山小屋はセンスがある。
おそらく土木系の元職人さんだろう。

職人的作業というのはどんな分野のものでも尊敬する。

これからもこの人にお世話になろう。

20171126108.jpg
ストーブ運用開始予定は11月末を目標に。