FC2ブログ

秋も深まり・・・

blog00.jpg

それでも生き続けるクララ。
主治医の「あともって2週間」を楽々突破し、今日の朝もご飯完食。

blog01_20181203151206410.jpg

このまま極寒の冬が来れば、雪に閉ざされてクララの通院が・・・。
暖冬だから大丈夫か?そこまで生きるのか?妻は年末まで生きれば奇跡と言っているが、はたして・・・。
私はもう深く考えない事に。

blog03_20181203151205307.jpg

ここ数回、クララの通院は私が担当している。その合間に、もし趣味車を買うならどの車種が良いか心を遊ばせていた。
この車という車種の結論が出た。買うか否か、買うとしてもいつ買うか?まだわからない。
その車を買えるという自由だけは確保しておこう。

blog02_201812031512082d1.jpg

ひと段落付いたら、シマトネリコをもっと木の密集しているん場所へ植え替えて、冬でも葉が落ちないようにしてやろう。
アナアキゾウムシに穴だらけにされて枯れはじめているオリーブは、ロシアンオリーブ(グミ)に植え替え予定。

落ち葉掃除

梅雨の大雨と猛暑で出来なかった落ち葉掃除をする。

カーポートの掃除などコツコツ手を入れてゆくルーティンを再開しよう。

blga02.jpg

blga03.jpg

blga01.jpg

適度に仕事をこなして、平凡だが安定した日々が続いている。

日曜日のWOWOWのエイリアンシリーズ一挙放送は最高に良かった。
「プロメテウス」と「エイリアン: コヴェナント」は最上質のエンターテイメント映画。

落ち葉掃除とクリスマスツリー

昨日は、落ち葉掃除とクリスマスツリー作りと、薪の移動(カーポート→軒下)を行った。
カーポートが広いと薪の移動もスムーズで気持ちがいい。

B05_20171225140425da8.jpg

昨夜の嵐でまた落ち葉が落ちているが、昨日までは絨毯のように落ち葉だらけだった。

b01_20171225140418742.jpg
昨年の倍ぐらい大きくなったコニファーにクリスマス飾りつけ。

b02_20171225140423a66.jpg
今日はフェンス沿いに鉢植えしているコニファーを追加。

月に1、2回、母がこちらに遊びに来て、一緒にご飯を食べてブラブラしている。
母は京都の街中で暮らしている姉の話してくれた。
「働きに行くとストレスになる事ばかりゆったり犬に癒されて生活しているXX君なんて自分よりもぜんぜん良い。」とのこと。
来年は、くだらないことでクヨクヨせず、仕事と遊びと運動と将来に向けた計画に没頭してゆくつもりだ。

アーツ・アンド・クラフツ

応仁の乱の時、京都の貴族たちは都落ちして日本の田舎に散り散りバラバラに疎開した。

その先々で、"粋"、"趣き"を提供することを生業にして彼らは生活したそうだ。
今日、日本文化と呼ばれるものが日本全国に広がったのはこの時だそうだ。

文化というものは人を魅了するし、逆に言えば文化の香りの無いもの、安い値段だけのもの素っ気無いものは人々を幻滅させる。
ネットでつながる時代、センスのあるものを生み出せれば、人は値段ではなく質を見てそれを選ぶし、日本のみならず世界中を相手に仕事ができる。

田舎で生活していて、センスを持って生きる(センスを生かして生きる)ということの大切さは過去10年で実感している。
喫茶店ひとつとっても、センスのあると無いで、人々から愛される度合いが段違いになる。また、「神は細部に宿る」というように、センスがあるものにはデリカシー(繊細さ)がある。

またセンスは磨かれるものであり、良いものに触れて目利きになることの重要性も日々実感している。

そういう目で見ると、岡山県は、若い人々が"質"を追求する活動をしている例を随所に見ることができる場所だ。

b01_20171201203457d61.jpg

b02_20171201203502c69.jpg

この門扉や外構を施工してくれたの、岡山でアーツアンドクラフツを実践している職人さんと、その若い弟子さんだったっけ。
今日はその弟子さんがベンチを作った天然酵母のパン屋「アンド ブレッド」までドライブに行ってきた。

b05_20171201220901138.jpg
「アンド ブレッド」さんのベンチを、ウチの門扉作りを手伝ってくれた若い職人Oさんが作ったそうです。

備前の農村部の民家の小さな店舗だが、周囲はパンの焼けるいい匂いが漂っていて、店舗内にはとても濃厚で上質な雰囲気が漂っていました。

b04_20171201203503d4c.jpg

b03_201712012035011b7.jpg

毎週通っている、ENTER WAKE キッチンも、食を通じたアーツアンドクラフツ運動だと思うし、質の高いものを安く提供してくれているのがとてもありがたい。和気の宝である昭和モダンな銀行の建物が時代がかわりこのようなお店に利用されているのが素晴らしい。

天然酵母のパン屋「アンド ブレッド」さんにしても、ENTER WAKE キッチンにしても、毎週通って(微小ながら)応援したい。



極寒の世界


他に客がおらず貸し切り状態に使えるというので、犬たちと、
瀬戸内海に面した牛窓のドッグラン付きのペンションに一泊してきた。

帰ってくると、リビングは冷え切っており、灯油も切らしていて、
家が温まるまでの時間寒い思いをした。

あまりに寒いと薪作りに床下に降りる気が失せてしまう。

昨夜は早めに寝て、今朝は早めに起きて庭で犬たちと雪遊びをした。

c5.jpg

c7.jpg

c8.jpg

c6.jpg

c4.jpg

c3.jpg

凍てついた庭を見ていると、ワーグナーが聞きたくなって、
パソコンで仕事しながら、タンホイザーの巡礼者の合唱などを聞いている。
そういえば、好きだったワーグナーもずいぶん長い間聞いていなかったな。

ワーグナーを聞くと、原始的な闘争心を呼び覚まされ、
意志の力の偉大さと、人間の創造力の無限を感じる。