天職に生き歳を重ねる人々

愛犬のワイマラナーのバンビの手術の経過を昨日、
主治医の先生に診てもらって、順調とのことで安心した。

かなり高度な技術を要する手術だったので、
主治医の先生が信頼できる名医でなければお願いしなかっただろう。

手術を担当してくれたK先生は、自分が心から尊敬する人物だ。

田舎に移住してきてまもなくこの先生に巡り合ったが、
自宅から片道1時間半~2時間かかる道のりでも、
我が家の大型犬は必ずこの先生に診てもらってきた。

その後5年間ぐらいで日本全国でも屈指の名医として
知られるようになり、最近は予約がすごい状況になっている。

人間の医師も含めた腹腔鏡手術の神の手チャレンジのランキングでも
最上位をキープする、知識・技術共に優れた先生なのだ。

私がこの先生を尊敬する理由は、野球選手のイチローのように、
才能だけでなく、絶え間ない努力によって自分を叩き上げてきた人だからだ。

その技術力にふさわしいのは、VIP客専門の高額な受診料を取る
医師になることなのに、市井の身をおいて、普通の人々の飼い犬を
診てくれるところが何よりもありがたい。

備前の吉永の(人間の)病院にも、80台になっても医院長として
働いておられて、若い医師よりも薬の知識も豊富で頭脳明晰な
名医がおられるが、市井に身を置いて働くことを生きがいにする
人を見るのはとても励みになる。

若いころは、何もしないでブラブラと生きることに憧れもしたが、
今は逆に、狩りをせず檻の中で暮らす猛獣が惨めなのと同様に
早期リタイヤして無為な空回りをしている人々を見ると惨めに
思える。

住んでいる場所柄、余計にそういう悪い例を目にすることが
多いせいだろう。そういう人々は顔つきも身なりも呆けてくる。

50になっても60になっても、70歳になっても80歳になっても、
生き生きと働き続けて、社会から必要とされる人間であり続ける
ことがどんなに幸福なことか、獣医さんや老名医を見ているとわかるし、
自分もそうなりたいと思う。

お味噌汁とオニギリ

数日前から、毎晩寝る前に自分がお味噌汁を作って、
それを朝と昼に飲むようにした。ダシも、煮干しと
昆布から作っている。

あと、味付け卵のようなご飯のアテを一品作っておく。

あと昼にジャコ&梅干し入りのオニギリを作る。

これにより、パンやお菓子やインスタント・レトルト食品
のような加工食品を口にする機会がかなり減った。

今、40代前半だが、これから徐々に老体になってゆく。

手作り食の我が家の犬たちは毛並みもピカピカ。
かなり食事で差が出ると思っている。

加工されていない原材料に近い食品を取る。
それにはオニギリと野菜の入ったお味噌汁が一番。
具材のバリエーションを増やせば飽きがこない。

それを朝と昼に毎日食べる基本的な食事にしてゆこうと思っている。
オニギリにする理由は、ごはんよりもパンが好きな嫁が、
オニギリなら喜んで食べるからだ。

もちろんそれだけではなく、自分は納豆・魚・生卵、
嫁はサラダ・果物・牛肉など各自に合ったものを
それに加えるわけだが。

昔ふと本屋で手に取って、今も影響を受けている
「若返り健康法 導引術―気の流れをよくして生命力を高める 」
という本をもう一度手に入れて読んでいる。

全てを真に受けているわけではないが、
玄米食・断食などの極端な事ではなく、
日常生活の小さな習慣を積み重ねることで
健康を維持するという考えが自分にあっている。

「静かなる男」のテーマ曲

ゾンビ映画の発明者として有名なジョージロメロの訃報に関連して、
彼が「静かなる男」のテーマ曲を聴きながら逝ったというので、
「静かなる男」のテーマ曲はどんな曲だったか検索して、
あまりにも美しい音楽だったことに驚いた。

その曲が醸し出すノスタルジーは、「長い灰色の線 」で描かれた
士官学校(生徒は白人の良家の子弟のみ)や、「捜索者」で
暖炉を囲む開拓者の一家のような、遠い時代に存在し今は
なくなった血族や民族・階級が形作った共同体へのほのかな憧れを漂わせている。

ジョン・フォードの「怒りの葡萄」の説教師ジム・ケイシーの
粗削りな素朴さと純粋さ。彼は、そういった共同体の最後の守り手として
仲間たちのために殉じる。ジョン・フォードの映画には、こうした
魅力的な人物がたくさん出てくる。

死んだ祖父がジョンウェインが大好きだった影響もある。

今の環境をベストに生きる

最近、たまに梶原一騎の「地獄からの生還」という本を手に取っている。

70年代から80年代初頭にかけて漫画原作者として一世を風靡した
梶原一騎が、獄中記や闘病記について記した自伝本である。

獄中での日々を記した章に、「今の環境をベストに生きる」という文章が
書かれている。

人間、不遇な環境や他力本願な状況に追い込まれると、
ついついその時の自分を「仮の姿」と考えてしまい、
生き方が荒れてくるという。

たとえば、留置場で弁護士が問題を解決してくれるまでの
時間を待つような状況になると、その時間が一日も早く終わる
ように願い、看守に怒られても、同房者に嫌われてもかまわ
ないという投げやりな生活になるのだそうだ。

梶原一騎はこのような時にこそ、自分の身の回りの道具を
磨いて慈しんだり、時間を無駄に過ごさないように、肉体・精神鍛錬に
励んだりして、ベストの自分に持っていくようにしなければならないという。




私自身、今現在、
愛犬の大型犬が関節の手術を受けて、回復を待つ状態なのだが、
回復の過程には浮き沈みがあり、ヒヤヒヤさせられる日々である。

事前にわかっていたことだが、手術後、主治医が激務の休養のため
海外旅行に行ったため、今の状態が大丈夫なのか相談する相手がおらず、
あと10日間ほどもどかしい日々が続く。

時には、本当に彼のためにこの手術をしたことが良かったのか?夫婦で
長い不安な会話に陥ってしまう。でも、愛犬にとっても、自分自身にとっても
こうした時間も人生の一部なので、無駄にしてはいけないのだ。

今の環境でベストをつくさなければならない。

それには飼い主が暗い顔をしていてはダメだ。




話は変わるが、最近仕事中にゴルゴ13の深夜アニメを一気に見ている
のだが、ゴルゴ13の一分一秒までベストを目指す生き方は刺激になる。

100個以上のイチジク


19399904_987328191407516_6137546271511452092_n.jpg
自分の尊敬する獣医師の先生に頂いたシマトネリコの苗を植えてちょうど1年が経った。もう2メートルを超えている。

嫁が南側の庭のイチジクの実の個数を数えてみたが、見えてるだけで70個あったそうだ。
ということは、見えていないものも含めると100個近く実が生っている可能性がある。

blog01_2017071812081198d.jpg

ビルベリーは想像よりも小さかった。目にいいらしいが・・・。

blog02_20170718120807cd7.jpg

最近は、イチゴの苗をせっせせっせと来年のために増やしている。




品揃えの良い、隣町のコメリに買い物に行った。
不景気?なのか・・・価格崩壊がすごい!

一生懸命集めたオールドテラコッタが全て半額になっているのは驚いた。
半額になると逆に買う気が失せるのだが、デザインはいいので、割れても補修して使えそうなものを買い増した。
もうちょっと買ってもいいかな?

イチジクの苗も全て価格崩壊。(植え付けのシーズンも終わりだから??)
実がいくつも生ってる苗でも500円。

嫁が欲しがっていたブラックベリーも安く売られていたので買う。




最近は、WOWOWのオンデマンドでツインピークスを見ながら仕事するのが至福の時間だ。
読書はクライブ・バーガーの「血の本」シリーズを読み返している。
東西の英雄譚の古典である司馬遷の「史記列伝」と「プルターク英雄伝」を買って読みたいと思いネットで古本を漁ってる。

美味しい食事と、菜園と、読書、仕事中に見れる映画。
これらがあれば他には何もいらないと思う。

今週は犬の手術などもあるが、毎日、楽しい日々で充実している。